風邪薬は風邪を治さないため、家で休むのが最も効果的

1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_s

風邪を引いたとき、あなたはどのような行動をとるでしょうか。多分、近くの病院やクリニック(診療所)を受診して医師に診察してもらい、風邪薬をもらうことでしょう。

ただ、このときもらう風邪薬を服用しても風邪症状が改善することはありません。むしろ病気が長引いてしまう恐れがあります。これは、医師や薬剤師であれば誰もが知っている事実です。そのため、医療について知っている人であるほど風邪薬に頼りません。

症状を抑えるのが薬である

そもそも、病気を根治できる薬はこの世にほとんどありません。例えば、高血圧の薬を服用すると血圧が下がるものの、時間が経てば再び血圧は上昇します。これは薬によって一時的に血圧を下げたのであり、完全に病気を治療したわけではないのです。

風邪薬も同様です。世の中に存在する風邪薬は風邪症状を抑えるための作用はあるものの、病気を根本的には治さないのです。

風邪に罹ると、鼻水が出ます。発熱やくしゃみ、悪寒を伴うこともあります。こうした症状を薬によって和らげることができます。ただ、風邪の治りが早くなることはありません。

風邪は主にウイルスによって起こります。このときのウイルスは多種多様であり、風邪の原因ウイルスは多岐にわたります。ただ、あらゆるウイルスに対して効果を示す薬はこの世に存在しません。

確かに、「インフルエンザウイルス」「ヘルペスウイルス」など、特定の種類だけに作用する薬はあります。ただ、種類が異なるさまざまなウイルスに対して、ランダムに効果を示す医薬品はないのです。

風邪を根本的に治療するとなると、「あらゆるウイルスに効果を示す薬」を投与しなければいけません。前述の通り、風邪の原因ウイルスは多岐にわたるため、特定のウイルスにだけ作用する薬では風邪を治療できません。ただ、そのような性質をもつ医薬品が存在しない以上、風邪薬を服用しても治りは早くならないのです。

薬の使用によって風邪の治りが遅くなる

それどころか、薬を服用すれば風邪の治りが遅くなります。これは、「病原ウイルスを退治するために起こしている体の反応」を薬が抑制しようとするからです。例えば、発熱はウイルスの活動を抑えるために生じる自然な反応です。薬によって熱を下げれば、ウイルスは活動しやすくなります。

また、くしゃみや鼻水は体内のウイルスを外へ出すために起こります。この反応を鎮めるとウイルスが体外に排出されず、体の中に留まってしまいます。このような事実から、風邪薬を服用するほど症状は長引きます。

本来であれば、発熱したり悪寒があったりする状態で病院やクリニックに出向き、風邪を長引かせる薬を飲んでいる場合ではありません。おとなしく家で待機して、体の免疫機構が風邪の原因ウイルスを退治するまで待っておくのが最も効果的な風邪の治療法です。

それでは、風邪薬が無意味なのかといえば必ずしもそうではありません。人によっては必要となることもあります。体の弱い人であれば、風邪症状が強いと体力の著しい低下を招くかもしれません。この場合、風邪薬が有効です。

また、たとえ症状が長引いたとしても、病気による苦痛を少しでも和らげたい場合は風邪薬を使用しても問題ありません。

薬は病気の症状を抑えるだけであり、風邪を長引かせることがあるとはいっても、まったく無意味というわけではないのです。使い方や投与対象によっては有効です。

また、中には風邪ではなく、細菌感染が原因で生じる「肺炎」を発症している方もいます。肺炎では抗菌薬が有効であるため、薬物投与による治療が望まれます。これらの判断は素人では難しいです。

ただ、本来は薬を必要としない風邪症状で安易に受診する人が多すぎます。「自宅で安静」が最も適しているにも関わらず、無理して外出して病院へ行き、無駄な薬を服用しているのです。

薬には副作用があるため、できるだけ飲まないように考えなければいけません。また、風邪程度の受診は医療費を増大させる原因にもなります。そのため、正しい医療知識をもっている人であるほど、風邪くらいであれば放置で治そうとします。