病気でないときでも薬剤師に相談するには

49cd744d487416aaaa50e541ec939b88_s

病気に罹ると、多くの人は病院や診療所へ行きます。つまり、医者に診てもらいます。このとき、なぜ医者へ駆け込んだのでしょうか。当然ながら、「病気になったから」という理由があります。

それでは、病気になる前はどうすればいいのでしょうか。病気でないにも関わらず病院を受診すると、追い返されてしまいます。そのようなとき、薬局の薬剤師を活用してみてください。

薬剤師の役割とは

海外に目を向けると、日本とは違って薬剤師の地位が高い国はたくさんあります。例えば米国では、「最も信頼されている職業」の上位に常に薬剤師が入ります。これは、医療制度の違いが大きく影響しています。

日本では世界に誇れる国民皆保険制度により、全員が平等に医療を受けることができます。しかし、米国では日本のように医療制度が整っておらず、医師に相談するだけでも莫大な費用が必要になります。

しかし米国では、薬剤師は無料で市民の相談に乗って健康指導をしてくれます。何でも話せる身近な存在として、地域の薬剤師が「患者さんの健康を総合的に診る」という役割を担っているのです。これが、米国で薬剤師が信頼されている理由です。

もちろん、海外と日本では制度も環境も異なるため、単純に比較することはできません。ただ、それにしても日本では薬剤師の存在が希薄すぎるのではないかと私は感じています。

病気を発症した場合は医療機関を受診します。ただ、薬の疑問を解決したい時やちょっとした健康指導を受けたい時にわざわざ医療機関を訪れる人はいません。

そのときに、「近くの薬剤師に相談すればいい」と思えたらどうでしょうか。日本でも米国と同じように、多くの人が薬剤師を利用すれば、健康に過ごせる人が増えるのではないでしょうか。

無料で薬剤師に相談する

処方せんによる調剤で薬をもらうのではなく、単に薬剤師と健康相談するだけであれば、米国と同じようにすべて無料です。薬局内に他の患者さんがいて忙しい時は難しいかもしれませんが、比較的空いている時間帯を狙えば、処方せんがなくても何度でも相談に乗ってくれるはずです。

もちろん、薬剤師の性格はそれぞれ異なります。真摯に対応してくれる薬剤師と「かかりつけ薬局」を根気よく探し、自分に合った専門家を見つけることができれば、大きな力になるでしょう。

それが見つかれば、あとは「自分の健康は自分で守る」ためにセルフメディケーションを実施するだけです。

「親が服用している薬の飲み合わせが不安なとき」「健康食品・サプリメントについてアドバイスが欲しいとき」「子供の熱中症・下痢による脱水症状への対策を知りたいとき」など、ちょっとした薬や健康への疑問については、薬剤師が最も力を発揮する分野でもあります。

これらの健康問題を解決するため、地域のかかりつけ薬局、そして薬剤師がいることを少しでもいいので、頭の片隅に置いていただければと思います。専門家を有効に活用することが健康に過ごすために最も重要だといえます。