間違った口臭対策:歯磨き剤による口臭悪化

b5de3953306f1c0073d62534814d4675_s

体臭の中でも、口臭は気にしている人が多いものです。また口臭といっても、人によって悩みはさまざまです。

そして、口臭対策も人それぞれ違います。ただ、多くの人が行なっている口臭予防や解消法は、誤っていることがほとんどです。それは口臭の原因を理解していないことや、適切な対処方法を知らないことに問題があります。

そこで今回は、よく行われている口臭対策の中でも「歯磨き剤」について述べます。

口腔内の乾燥が口臭を強める

口臭が起こる原因として、口腔内の乾燥が挙げられます。これは、健康な人でも起床時や緊張したときに、口腔内が乾燥しニオイが強くなるため実感できることだと思います。

口腔内は、通常では常に唾液が分泌されているため湿っています。そして唾液の分泌は、自律神経によってコントロールされています。

自律神経は緊張しているときに働く「交感神経」と、リラックス時に活動する「副交感神経」の2つに分けられます。唾液は、副交感神経の作用によって分泌が促されます。そのため人前で話す時などストレスを感じるような場面では、交感神経の機能が優位になり口腔内は乾燥します。

そして、口腔内の乾燥は口臭を引き起こします。口臭の1つの原因に、「舌の上に存在する菌」が発生するガスが挙げられます。

健康な状態では、唾液によって細菌が洗い流されるため、舌の上は常に清潔な状態が保たれます。そのため、菌によって口臭の原因となるガスが発生せずに、ニオイも起こりにくくなります。

一方で口腔内が乾燥していると、舌の上に存在する「ニオイのガスを発生させる菌」が唾液によって洗い流されなくなります。

これはドブ底にヘドロが溜まっている状態を想像してもらうとわかりやすいです。いくらヘドロが多くあっても、水が勢いよく流れているときはヘドロのニオイは強くありません。しかし水が干しあがってしまうと、その途端にヘドロのニオイは強烈になります。

口腔内が乾燥しているときは、これと同じような状況になっています。このような理由で、口が乾燥すると口臭が強くなります。

歯磨き剤で口臭が悪化する

口臭が強い人には、「口臭を消すために、口臭予防の歯磨き剤を利用している」という人が多くいます。確かに歯磨剤を使って歯を磨くと、口の中が清潔になりスッキリするため、口臭予防や解消につながるようなイメージがあります。

ただ、歯磨き剤にはさまざまな成分が含まれています。そして、その中の1つに口臭を強くするものがあります。それは「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分です。一般的には「合成界面活性剤」と呼ばれます。

合成活性界面剤は洗浄成分であり、食器用洗剤やハンドソープ、ボディーソープなどに含まれています。洗剤を利用することで「手荒れ」が起こる人が多くいますが、それは合成界面活性剤の影響です。

洗剤によって起こる手荒れは、合成界面活性剤によって皮膚の油分を落とし過ぎるために、乾燥が強くなり生じるものです。

ラウリル硫酸ナトリウム入りの歯磨き剤を使用すると、皮膚と同様に口の中でも乾燥が起こります。また口腔内の粘膜は、皮膚よりも弱いためより強く影響を受けます。

そして口腔内を乾燥させるということは、先ほど述べたように口臭を強くします。口臭予防や解消のために行なっていた歯磨きが、ラウリル硫酸ナトリウム入りの歯磨きを使うことで逆にニオイを強めてしまうことになります。

なお、ほとんどの歯磨き剤には、この成分が含まれています。一度、使用している歯磨き剤のラベルを確認してみて下さい。多くの人は、ラウリル硫酸ナトリウムが入っている歯磨き剤を利用しているはずです。

ちなみに、歯磨き後にしっかり「うがい」を行うことも、唾液の消失につながり口臭を悪化させる原因になりますので注意してください。

今回述べたように、口腔内が乾くと口臭は強くなります。そして多くの人が使っている歯磨き剤には口を乾燥させる成分が含まれているため、歯磨きは口臭を悪化させる要因となります。

そのため、口臭が気になる人は、歯磨き剤にはできるだけラウリル硫酸ナトリウムが含まれていないようなものを使用することをお勧めします。