口のニオイの原因:口臭と口内細菌について

0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s

口臭には、たくさんの人が悩まされています。特に中高年の男性は年齢の影響もあり、口のニオイが強くなりがちです。そして、仕事でも人と接する機会が多くなるため、余計に意識するようになります。

そのような口臭のほとんどは、「口内細菌」の影響で発生します。口の中には通常で300種類前後、数にすると数十億もの微生物が存在しています。

これらの菌のバランスが崩れたり、数が増えたりすると口臭の原因になります。そのため、口臭をコントロールするために、口内細菌について知っていることは大切です。そこで今回は、口内細菌について解説します。

口内細菌とは

人間は、母親のお腹の中にいる時は無菌状態の羊水の中にいます。そのため、口の中にも細菌はいません。しかし誕生後には、主に母親や家族の細菌が子供の口の中に移り住むようになります。

そのため、家族に虫歯の原因となる菌が多いと、子供も虫歯になりやすいことが明らかになっています。そして、口臭の原因も口内細菌にあるといわれています。

口の中には、酸素がある状態で活動する「好気性菌」や、酸素が少ない環境で活発な「嫌気性菌」、ウィルス、バクテリアなど、大量の細菌・微生物が存在しています。

具体的には、ガンジダ菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、肺炎桿菌、インフルエンザ菌などが存在しています。これらは、口の中だけではなく、全身の疾患を引き起こす菌も含まれているため、免疫機能が低下し、それらの菌が増殖してしまうと病気を引き起こすこともあります。

このように口内細菌は、口の中の健康だけでなく、全身の健康に影響しています。そのような意味でも、口腔内のケアは大切だといえます。

口臭の原因

口臭を発生させる主な菌は嫌気性菌だと言われています。嫌気性菌が増殖したり、活発に活動したりすることで、口の中のニオイを強くします。

先ほど述べたように、嫌気性菌は酸素が薄い環境でより増殖活動をします。そのため、口の中の酸素が少なくなると、口臭の原因となる嫌気性菌が増え、活動性が高くなると言うことができます。

酸素が少なくなるというのは、口の中が乾燥している状態を指します。さらに乾燥だけでなく、唾液がアワアワになったり、ネバネバして濃くなったりしているときは、酸素が足りていない状態です。このような状態のときに嫌気性菌の活動が高まり、臭いの元である「揮発性硫黄化合物」という物質を作り出します。

また、口の中の汚れや細菌は、通常では唾液によって掃除されます。しかし、乾燥しているような状態では、唾液は不足しており、唾液による洗浄効果はほとんどなくなってしまいます。

さらに、揮発性硫黄化合物は、唾液に溶けやすいという性質があります。そのため、発生するとすぐに唾液に溶け込み、唾液を苦くします。つまり、口の中が苦くなってきたら、口臭が出始める前兆と考えた方がよいです。

ほとんどの人が、最初に口の中が嫌な感じになってきた後に、口臭が強くなるはずです。そのため、唾液が苦くネバネバしてきたら要注意です。

先ほど述べたように、唾液には口の中の汚れや細菌を洗浄する効果もあります。このような唾液はサラサラしています。唾液は、状態によって口臭を強くもするし弱くもします。そして、ネバネバ唾液は、口臭の元であるということを覚えておいてください。

このように、口の中にはさまざまな細菌が存在します。そして、これらのバランスが崩れることで、口臭が強くなります。

また、口内細菌のバランスが崩れる一番の要因は乾燥です。そのため、口臭予防のためには、適切な水分摂取や口呼吸を控えることなどが大切です。特に寝起きに、口内が乾燥している人は口のニオイに注意が必要です。