強い口臭を生み出す歯周病の原因と対処法

e0d773d31fa42bf25c754557ab974272_s

口臭には、健康な人でも起こる「生理的口臭」と病気が原因で生じる「病的口臭」の2つがあります。

起床時や緊張時に口臭が強くなるのは生理的口臭であり、誰でも経験したことがあるものだと思います。一方で、糖尿病や蓄膿症といったような病気によって口臭がキツくなるのは病的口臭です。

そして病的口臭の代表的なものとして「歯周病」による口臭があります。歯周病によって作られるニオイは強烈で、周囲の人にも悪影響を引き起こします。そこで今回は、強い口臭を引き起こす歯周病の原因と対処法について解説します。

歯周病とは

歯周病とは、細菌が歯肉に感染することで炎症を引き起こす病気です。歯周病の原因である細菌は、食べかすなどで作られる歯垢に溜まります。口の中には、健康な人でも300~500種類の細菌が存在しています。通常であれば、このような細菌類は特に問題を起こしません。

一方で歯磨きが不十分であったり、糖分を過剰に摂取したりすると細菌が歯垢を作りだして歯の表面に付着します。歯垢は放置しておくと硬くなり、「歯石」と呼ばれるものに変化します。歯石になると、歯垢以上に強く歯に付着するため、通常行うような歯磨きだけでは取り除くことができなくなります。

そしてこの歯垢の中に住む細菌が原因で、歯肉に炎症を引き起こします。細菌と細菌によって生じた歯肉の炎症によって強い口臭が発生します。

さらに、この細菌は炎症を引き起こすだけでなく非常に強い毒素を出し続けます。歯周病は、進行すると最終的には歯を支えている骨まで溶かしてしまいます。その結果、歯を失うことになります。

また、このような歯周病の原因菌が出す毒素は全身に巡ることがわかっています。具体的には心臓周囲の血管や脳にまで影響を及ぼすとされています。そのため、歯周病はきちんと治療して完治させるか、悪化しないようにコントロールすることが大切です。

歯周病の進行段階と特徴は以下のようになります。

状態 特徴
健康な歯肉 ・薄いピンク色の歯肉
・歯と歯の間に歯肉が入り込んでいる
・歯肉が引き締まっている
・歯磨きをしても出血しない
歯肉炎 ・赤色の歯肉
・歯と歯の間の歯肉が膨らんでいる
・歯磨きで出血する
・歯垢が溜まっている
歯周炎 ・赤紫色の歯肉
・歯肉が腫れている
・歯磨きで出血や膿が出る
・歯と歯の間が広がる
・歯肉が退縮して歯が長く見える
・歯周ポケットが深くなる

歯周病の対処法

歯周病で大切なことは、予防、診断、治療、メンテナンスになります。先ほど述べたように、歯周病の原因は食べ物カスである歯垢に細菌が溜まることです。そのため、毎日の歯磨きで歯垢を取り除くことが予防になります。

歯磨きを行う際に、多くの人は「歯と歯茎の境目」はきれいに磨けています。しかし、「歯と歯の間」のブラッシングは不十分である人がほとんどです。

そして歯と歯の間は、普通の歯ブラシではきれいに磨けません。歯間ブラシやデンタルフロスなどを利用することがお勧めです。ただ、このような方法でも完璧に歯間をきれいにすることはできません。そのため定期的に歯医者に行き、クリーニングをしてもらうことが大切です。

また先ほども述べたように、歯石の状態になってしまうとブラッシングでは取り除けません。そのような状態になると、歯医者に行って治療してもらうしかありません。放置しておくと進行する病気ですので、早めに対処するようにしましょう。

さらに、以下のような因子は歯周病を進行させるため、極力避けるようにしてください。

・歯ぎしり、噛みしめ
・食生活の乱れ
・喫煙
・ストレス
・糖尿病などの病気
・長期間の服薬

今回述べたように、歯周病は強い口臭を引き起こすだけでなく、全身に悪影響を及ぼすような病気です。そのため、日頃からのブラッシングを丁寧に行い、予防することが大切です。また歯周病になった場合は、早めに治療して病気が進行しないように注意してください。