授乳中におけるカフェイン摂取の乳児への影響

af8abca805b4b5c9b3f4ce0113ee7460_s

現在、カフェインを過剰に摂取している人は多いです。カフェインは、コーヒーなどの嗜好品や栄養ドリンク、鎮痛薬などの一般用医薬品などさまざまなものに含まれているため、知らず知らずのうちに摂取しやすいです。

特に、コーヒーやお茶は常飲する人が多い嗜好品です。眠気をとって頭をスッキリさせるために、水代わりに飲む人も少なくありません。

授乳期は、母乳を作るために多くの水分を必要とします。そのため、水分補給の目的で、授乳期にカフェインを含むお茶などをたくさん飲む人がいます。ただ、カフェインには利尿作用があるため、摂取した水分は身体で利用されにくいのです。そのため、カフェインを含む飲料は水分補給に向きません。

また、授乳期のカフェインの摂取は、乳児に悪影響があることがわかっています。そこで、ここでは乳児へのカフェインの影響について述べていきます。

カフェインの作用

カフェインの作用の一つに、中枢神経を刺激する働きがあります。中枢神経が刺激されて興奮すると、身体は覚醒します。身体が活動に備えた状態になり、思考力や集中力が上がります。

これらの働きは、仕事をしているときなどの「集中しなければならないとき」に有効です。ただ、カフェインの摂り過ぎはさまざまな副作用を起こします。

カフェインは身体を無理やり興奮状態にします。例えば、身体が疲れていたり、すでに興奮していたりしても身体を興奮させるのです。そのため、カフェインを摂り過ぎると不眠や動悸、めまいなどの症状が出ることがあります。過去に、過度のカフェイン摂取によって死に至った例もあります。

また、日常的にカフェインを摂取していると、身体がカフェインに慣れてきます。つまり、身体がカフェインありきの活動を行うようになるのです。そのため、日常的にカフェインを摂取する人が急に摂取をやめると、頭痛や疲労感などの離脱症状が出ることがあります。

前述のように、カフェインは日常的に摂取することが多い成分です。ただ、カフェインにはさまざまな作用・副作用があるため、摂取に注意が必要な成分といえます。

カフェインの乳児への影響

母体が摂取したカフェインは、母乳を通じて乳児にも影響します。母体の摂取したカフェインの0.5~1.5%が母乳に移行すると言われています。乳児がカフェインを摂取したときも、前述のような症状が現れます。つまり、眠れなくなったり興奮しやすくなったりします。

睡眠時には、身体の成長を促す「成長ホルモン」が分泌されます。成長ホルモンには骨や身長を伸ばしたり、筋肉を強化したりする働きがあります。また、脳の疲労回復などの代謝にも深く関わっています。

乳児期は、脳や身体の発達が急激に進む時期です。身長は生後1年で約1.5倍になり、脳の重量は約2.8倍になります。睡眠不足による成長ホルモンの不足は、このような乳児期の発達を妨げることがあります。

また、乳児の睡眠不足は脳の発達にも影響があります。慢性的に睡眠時間が少ない子供は、運動能力や言語能力が低くなりやすいといわれています。また、睡眠不足の子供はAD/HDや自閉症などが起こりやすいこともわかっています。

このように、乳児がカフェインを摂取することによって眠れなくなると、さまざまな悪影響があります。

また、乳児はカフェインの排出に時間がかかることもわかっています。個人差がありますが、大人だと約8~14時間でカフェインが体外に排出されます。それに対して、乳児では約3日程度かかるといわれています。

そのため、母体が日常的にカフェインを摂取すると、乳児はカフェインの影響をうけやすいです。

また、乳児がカフェインを摂取すると、興奮から泣き止みにくくなります。カフェインによって泣いていると、原因はすぐに取り除けません。そのため、母親は乳児が泣くことによって疲労しやすくなります。

以上のことから、授乳中はカフェインの摂取はなるべく控えるのが賢明といえます。

ただ、カフェインを含む食品の多くは嗜好品なため、完全に制限するとストレスになることがあります。母体にストレスがあると、母乳の分泌や育児に支障が出やすくなります。

1日のカフェイン摂取量が2~3杯のコーヒー程度であれば、乳児に影響が少ないといわれています。そのため、カフェインを含む食品などを知った上で、1日のカフェイン摂取量が過剰にならないように気をつけることが大切です。

カフェインを含む食品

前述のように、カフェインはさまざまなものに含まれています。飲料であれば、コーヒーやお茶、コーラ、エナジードリンク、栄養ドリンクなどに含まれます。そのため、授乳中はなるべくこれらの飲料を控えて、カフェインの少ないものに置き換えることが望ましいです。

コーヒーの中には、人工的にカフェインを取り除いたものがあります。また、お茶であれば、麦茶やほうじ茶などがカフェインをほとんど含みません。

清涼飲料水の常飲は、さまざまな病気の原因になるため授乳期に限らずオススメできません。どうしても飲みたいときは、ノンカフェインのものを選んで量を控えめにしましょう。

また、食品ではチョコレートが多くカフェインを含んでいます。これは、チョコレートの原料であるカカオ豆にカフェインが含まれているためです。一方で、ホワイトチョコレートの多くはカカオ豆を使用していないためカフェインが含まれていません。

前述のように、鎮痛薬などの一般用医薬品にもカフェインが含まれていることがあります。ただ、授乳中はカフェインだけではなく薬の成分が母乳に移行しやすいので、専門家に相談してから薬を服用することが大切です。