ホルモンやその他の影響から、妊娠・産後は不眠になりやすい

18ab21d18272b7fd5a94cbffb944b378_s

妊娠、出産は女性において人生の一大イベントでもあります。自分の子供ができ、生まれることは大変喜ばしいことですが、その過程は決して楽なものではありません。

妊娠初期にはつわりで強い吐き気に襲われ、つわりが終わったと思うと切迫早産で安静、入院する人もいます。また、おなかが大きくなるにつれて腰痛が出現し、動くのもきつくなります。

このように、妊娠中にはさまざまなトラブルが起こりやすいです。そして、実は妊娠中、出産後は多くの要因から睡眠障害になりやすいです。今回は妊娠と産後の不眠について解説します。

妊娠によるホルモン分泌

妊娠するとホルモン分泌に変化が起こります。妊娠初期はプロゲステロンの分泌が多くなり、生理前と同じように不眠になりがちです。これはプロゲステロンが眠っている時間を後退させるために起こります。すなわちプロゲステロンの分泌が多いと、遅寝遅起きの状態になるということです。

また、人の眠気は深部体温の低下によって生じます。プロゲステロンは基礎体温を上昇させる作用があり、その分泌が多くなると深部体温の低下による眠気が起こりにくくなります。そのため、入眠をスムーズに行えなくなります。

このように妊娠初期はプロゲステロンの影響で不眠になりやすい状態にあります。

また、妊娠中期になると子宮が大きくなり、膀胱を圧迫することによって夜間の尿が近くなります。腰や恥骨部、股関節部などの痛みも出てくるため眠りが妨げられます。

これは、リラキシンというホルモンの影響により、靱帯が緩くなっているために起こります。靭帯は関節を安定させる役割があるので、その靱帯が緩くなると関節は安定しません。

関節が安定していない状態で動くと、その関節に負担がかかり痛みが出現するのです。生理前にもリラキシンの分泌が増え、同じような状態になります。このような場合は、骨盤ベルトで骨盤部を締めて安定させると、症状の軽減が認められる場合が多いです。

また、尿を止めるような骨盤周囲の筋肉や、骨盤を締める深部の腹筋を鍛えることも、症状の改善だけでなく産後の尿漏れ防止につながります。

さらに妊娠後期になると子宮の大きさが増し、仰向けで寝ることが難しくなります。また、腰痛や骨盤の痛みも悪化し、寝返りすら痛みで難しくなります。このように、妊娠期間が進むとさらに不眠が起こりやすい状態になります。

産後の不眠

実は産後も多くの要因によって不眠になりやすくなります。出産後は急なホルモンの分泌低下が起こります。それによって、一時的に更年期障害のような状態になります。

更年期障害とは、40歳代にホルモン分泌が急激に低下し、それが原因でほてりや頭痛、不眠などさまざまな症状が起こる状態のことをいいます。ホルモンの影響で、出産後にも一時的に同じような状態になってしまうのです。

また、このときのプロゲステロンの減少によって、いわゆるマタニティブルー(産後うつ)が起こります。

このようなホルモン分泌の変化に加えて、新生児の授乳などの世話もあるため、ますます不眠が助長されます。この時期は薬も使いにくいため、周囲の協力を得て、日中に昼寝を行うなどの対策が大切です。

以上のように、妊娠・産後は不眠になりやすくなっています。そのため、できるだけこの時期の不眠を避けるために、食事や生活リズムなど生活習慣の見直しを行ってください。生活習慣を 改善させるだけでも、体の痛みや不眠などの症状は緩和されるはずです。