冷え症と不妊の関係性:冷えからくる黄体機能不全

39fd51987d291541c7bf1cb3c9a28fe5_s

不妊とは、避妊をせずに性交渉を行い続けても1年以上妊娠しないことをいいます。不妊が起こる原因はさまざまで、原因が特定できない場合も少なくありません。

不妊症には生活習慣が大きく関わっています。また、同じく生活習慣によって起こる「冷え症」は、さまざまな不妊の原因となることがわかっています。「黄体機能不全」は、このような冷えによる不妊原因の一つです。

そこで、ここでは不妊と冷え症の関係性について解説し、黄体機能不全の簡単なセルフチェック方法について述べていきます。

黄体機能不全と不妊の関係性

健康的な女性であれば、月経が約28日周期で起こります。このような月経周期には、さまざまなホルモンが関与しています。

月経が終わる頃に卵巣の中で成熟し始めた卵胞は、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」を分泌します。そして、体内の卵胞ホルモン濃度がピークに達すると、これを感知した脳が「黄体化ホルモン」を分泌し始めます。

黄体化ホルモンは、卵巣に作用して排卵を促します。黄体化ホルモンによって卵子を失った卵胞は、「黄体」という組織になって「黄体ホルモン(プロゲステロン)」を分泌します。黄体ホルモンには、子宮内膜を柔らかくして着床に備えたり、体温を高く維持したりする働きがあります。

通常、黄体の寿命は約14日です。そのため、排卵から約2週間後には、黄体ホルモンの分泌量が低下することによって月経が起こります。ただ、何らかの原因によって黄体の働きが悪くなっていると、通常より早く黄体が消滅したり黄体ホルモンの分泌量が少なくなったりすることがあります。これが「黄体機能不全」です。

排卵された卵子は、卵巣を出てすぐの「卵管膨大部(らんかんぼうだいぶ)」というところで受精します。受精卵は約1週間で子宮にたどり着きます。子宮にたどり着いた受精卵は、数日かけて子宮内膜に潜り込み、着床が成立します。

このとき、黄体機能不全によって黄体が通常より早く消滅すると、受精卵が着床する前に黄体ホルモンの分泌が少なくなって、月経が起こることがあります。月経が起こると子宮内膜と受精卵が体外へ排出されるため、妊娠は成立しません。

また、黄体ホルモンの分泌が十分に行われないと、着床しづらい子宮内膜になります。つまり、受精卵が潜り込みづらい子宮になるのです。着床が成立しないと、やがて月経が起こるため妊娠が成立しません。

このように、黄体機能不全があると、妊娠に必要なホルモンの分泌がうまくいかなくなることによって妊娠が成立しづらくなります。

冷え症と黄体機能不全の関係性

前述のように、月経周期は、脳と生殖器から分泌されるホルモンが互いに影響しあうことによって起こります。これらのホルモンは、血液によって運ばれて作用し合います。

身体が冷えると、生命維持に直接関わりのない生殖器への血流が後回しにされます。すると、脳と生殖器によるホルモンの連携はうまくいかなくなります。

前述のように、成熟した卵胞は脳で分泌される黄体化ホルモンの影響によって黄体となります。そのため、身体が冷えると卵胞へ黄体化ホルモンが届きにくくなり、「黄体ホルモンの働きが弱い黄体=黄体機能不全」になってしまうことがあります。

このような黄体機能不全による不妊を防ぐためには、自分の黄体の働きを認識した上で冷えを防ぐことが大切です。

基礎体温表からみる黄体機能不全

黄体機能不全は、採血によるホルモン値から診断されます。ただ、黄体の働きは基礎体温表で推察することが可能です。また、基礎体温表は婦人科での貴重な判断材料となっています。

健康的な女性であれば、基礎体温表は「低温期」と「高温期」の二相を示します。理想的な基礎体温表は、月経周期が25~38日以内で高温期が14日前後、低温期と高温期の差が0.3~0.5℃とされています。

前述のように、黄体ホルモンには体温を上げる働きがあります。つまり、月経周期における高温期は黄体ホルモンの影響によって起こるのです。そのため、黄体機能不全があると、高温期に異常が見られるようになります。

例えば、高温期が10日程度で終わるということは、黄体が通常より早く消滅しているということです。また、高温期の体温にばらつきがあったり、低温期との体温差が少なかったりする場合は、黄体ホルモンの分泌量が少ないことが考えられます。前述のように、黄体ホルモンの分泌量が低いということは黄体の働きが弱いということです。

基礎体温表で高温期にこれらの異常が見つかった時は、黄体機能不全である可能性が考えられます。そのため、身体の冷えを改善してホルモンの連携を整えることが大切といえます。

冷え症は、不妊の原因となるだけではなく、体調不良や肌荒れの原因にもなります。また、現代では自覚のない冷え症も増えています。そのため、不妊や体調不良を防ぐためにも、積極的に身体を温めることが大切です。