妊娠中の服用を避けるべき薬と胎児への影響

e76eba2ad8eff90b2ea9246a32c24a1c_s

薬剤師への質問でよくあるのが、妊娠と薬についてです。「妊娠中に服用することで、胎児への影響はないのか」という内容です。

処方せんを持参されて、「妊娠中なのですが、この薬は飲んでも良いですか?」と聞かれたり、「数日前に、頭痛で薬を飲んだのですが、妊娠していることが分かりました。赤ちゃんは大丈夫ですか?」と尋ねてこられたりします。

おなかの赤ちゃんの生育に影響を与えることが懸念される薬もあるため、妊娠中、もしくは妊娠の可能性のある女性はとても敏感になるところです。

しかしながら、何かの薬を飲んだからといって、必ずしも赤ちゃんに害があるというものではありません。お母さんが飲んでも比較的安全なものや、同じ効能のある薬でもよりリスクの少ない薬に変更することが可能なことがあります。また妊娠の初期、中期、後期のどの時期にあたるのか、ということも重要です。

催奇形性の基礎知識

妊娠中に薬を投与すると、胎児に奇形を発生させる可能性があることを「催奇形性(さいきけいせい)」といいます。催奇形性については、医薬品メーカーが各々の薬にその詳細情報を付けています。流早産や胎児毒性についても同様です。

医薬品の一部に、催奇形性が証明されているものもありますが、証明されていないものも多いです。何の薬の投与もなく出産した場合でも、生まれてくる赤ちゃんに何らかの形態異常があることが3~5%あるといわれています。つまり、「その確率からどの程度のリスク上昇があるのか」という十分なデータがないのです。

また、有益性・必要性ということも考えなくてはいけません。お母さんの病気を治療するうえで、その有益性がリスクよりも大きい場合には服薬を選ぶことが大事なときがあります。

例えば、薬を使って病気を安定させた方が、お母さんの体のためになり、お腹の赤ちゃんの妊娠を継続するのに有効であるときなどは、薬の服用が重要になってきます。このように妊娠中の薬の服用には有益性とリスクを天秤にかけるようにして、慎重に考える必要があります。

妊娠での服用が危険な薬

妊娠中の服用に危険性が報告されている薬の代表的なものとして、以下のものが挙げられます(商品名ではなく一般的名称で記しています)。

<妊娠初期>

カルバマゼピン:てんかん発作の予防、躁うつ病の治療、神経痛に使われます

チアマゾール:甲状腺ホルモンの薬

バルプロ酸ナトリウム:てんかん発作や、偏頭痛にも使われます

メトトレキサート:関節の腫れや痛みをおさえるお薬

ワルファリンカリウム:血液を固まりにくくする薬

ビタミンA(大量):必要なものですが脂溶性のため大量摂取で蓄積されます

<妊娠中・後期>

アミノクリコシド系抗結核薬:ストレプトマイシンなど

ACE-I、ARBと呼ばれるタイプの血圧降下薬

テトラサイクリン系抗菌薬:気管支炎、性感染症、ニキビの治療などに使われます

<妊娠後期>

非ステロイド系抗炎症薬(インドメタシン、ジクロフェナクナトリウムなどの鎮痛薬)

妊婦さんに意外と誤解が多いのが、「妊娠後期にリスクのある薬はない」と思われていることです。実際、妊娠初期のように注意をしていない方は多く見られます。上記のように、一部の鎮痛薬には危険性が報告されており、これは外用薬(いわゆる湿布)などにも同様にいえることです。

妊娠の希望のある方、可能性のある方は前もって服薬には注意しておくことが必要です。逆に薬を服用したことで胎児に害があるといって、勝手に薬を中断するなどの自己判断は避けてください。

また持病の治療中の方も、服薬しているから子供は望めないと決めつけたりせず、かかりつけの医師・薬剤師に相談をしてください。妊娠中の服薬については、国立成育医療研究センター「妊娠と薬情報センター」が情報提供しています。もちろん、患者さん自身からの相談も可能です。