妊娠中におけるカフェイン摂取の胎児への影響

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

現在、コーヒーを毎日飲む習慣がある人は少なくありません。飲料メーカーからはさまざまな種類の缶コーヒーが販売されており、コンビニエンスストアでは安価でドリップコーヒーが購入できます。このように、コーヒーは手軽な飲み物です。

コーヒーを飲む多くの人が、眠気覚ましや集中力向上を目的としています。実際、コーヒーに含まれている「カフェイン」にはこれらの作用があることがわかっています。

ただ、コーヒー以外にもカフェインを含む食品は多いです。カフェインは、緑茶・紅茶などのお茶や、コーラやエナジードリンクなどの清涼飲料水にも含まれています。そのため、これらの常飲によってカフェインの摂取量が過剰気味な人が多いです。

このようなカフェインを含む飲料は、若い人を中心に消費量が増加しています。妊娠適齢期の女性も例外ではなく、オシャレ感覚でコーヒーやエナジードリンクなどを常飲することが増えているようです。

ただ、カフェインの過剰摂取を妊娠中も続けると、流産や低出生体重児の出産が起こるリスクが増加するという報告もあります。そこで、ここでは妊娠中におけるカフェイン摂取の胎児への影響について述べていきます。

妊娠中におけるカフェイン摂取の悪影響:覚醒作用

カフェインには、さまざまな働きがあります。そのうちの一つに「疲れを感じにくくする」という作用があります。

身体が疲れたとき、脳は「身体が疲れたから休む必要がある」という司令を出します。カフェインは、この司令を阻害する作用があります。そのため、カフェインを摂取すると疲れを感じにくくなるのです。このカフェインの作用は、「疲れを感じなくなる」のであって「疲れを解消する」わけではありません。

むしろ、カフェインを摂取することによって疲れを感じにくくなると、身体を酷使しやすいです。そのため、知らず知らずのうちに疲労が溜まりやすくなります。妊娠中の疲労は、流産や低出生体重児のリスクを増加させます。

また、カフェインは身体を無理に覚醒させます。この作用が過剰だったり長く続いたりすると、「身体が休むための機能」が働きにくくなります。つまり、眠れなくなったり、身体がリラックスしにくくなったりします。

もともと妊娠中は、疲れや不眠などが起こりやすい時期です。カフェインの摂取は、これらの症状を悪化させる可能性があります。

また、自律神経が乱れると血流が悪化しやすくなります。胎児は母体の血液から酸素や栄養素をもらっています。そのため、母体の血流が悪くなると胎児が酸欠になったり、栄養不足によって成長不良が起きたりします。これらは、流産や低出生体重児の出産が起こる原因になります。

妊娠中におけるカフェイン摂取の悪影響:利尿作用

カフェインには、体内の水分を外に排出させる働きもあります。

体内で使用された水分は、尿として排出されます。ただこのとき、すべてが排出されるわけではありません。使用済みの水分のほとんどが再度吸収されて再利用されます。カフェインには、この再吸収を阻害して尿の量を増やす作用(利尿作用)があります。

妊娠中は、妊娠前に比べて水分を多く必要とします。妊娠中の血液量は、ピーク時で妊娠前の1.3~1.5倍になります。また、羊水量はピーク時で700~1000mlであり、これが約3時間で新しいものに入れ替わるといわれています。

このように、妊娠中は水分が不足しやすいです。そのため、妊娠中にカフェインの摂取によって尿量が増えると体内に水分が足りなくなり、血液の流れが悪くなりやすくなります。

妊娠中におけるカフェイン摂取の悪影響:胎児への移行

母体が摂取したカフェインは、胎児へ移行することがわかっています。また、胎児はカフェインを体外に排出する能力が低いため、カフェインの影響を受けやすいです。

カフェインの胎児への影響は解明されていません。ただ、大人による過剰摂取や長期間の摂取はさまざまな悪影響があることがわかっています。

前述のように、カフェインを過剰に摂取すると自律神経が乱れやすくなります。また、カフェインの大量摂取は身体を異常な興奮状態にすることがあります。そのため、頭痛やめまいが起きたり、最悪の場合は死に至ったりすることもあります。

このように、カフェインにはさまざまな副作用があります。カフェインを代謝できる大人でもこのような副作用が起こるのです。そのため、カフェインをうまく代謝できない胎児に悪影響がないとはいえません。

実際に、「妊婦がカフェインを1日に200mg以上摂取すると、カフェインを摂取していない人に比べて流産する確率が2倍になる」というデータがあります。また、カフェイン1日の摂取量が100mgを超えると、カフェインの摂取量が上がるにつれて低出生体重児の発生率が上がるというデータもあります。

どちらも欧米での研究データなので、日本人にそのままあてはまるとはいえません。また、日本人は欧米人に比べてカフェインの耐性が強い人が多いといわれています。

ただ、妊娠中はカフェインの代謝が遅くなります。そのため、妊娠前と同じ量のカフェインを摂取すると、副作用が起こりやすくなります。

また、低出生体重児として生まれてきた子供は、将来生活習慣病のリスクが上がることがわかっています。このように、妊娠中の行動が子供の体質を左右することがあるのです。そのため妊娠中は、胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるものをなるべく避けることが大切です。

妊娠中のカフェイン摂取は、コーヒー約2杯程度までなら影響が少ないといわれています。ただ、カフェインはさまざまな食品に含まれているため、これらの食品の摂取を控えめにして、1日のカフェイン摂取量を抑えることが大切です。