食生活と運動による妊娠中の体重管理

463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_s

妊娠中期になるとつわりが終わり、体調が安定する人が多いです。一方、つわりの反動などで食欲が増加しやすく、太りやすい時期でもあります。

妊娠中における体重増加の目安は、BMIという肥満度を表す指数によって変わります。BMIは、「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で計算されます。この計算式における身長の単位は「m」なので、例えば身長155cmの人であれば1.55で計算します。

妊娠前のBMIが18.5未満(痩せ型)の人は、目標増加体重が9~12kgです。同じく18.5~25未満(普通型)の人の目標増加体重は7~12kgです。BMIが25以上(肥満型)の人は、個別に目標増加体重が設定されます。

昔は、胎児のためにできるだけ多くの食事をとるのが理想とされていました。ただ飽食の現代においては、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などのリスクが上がるため、前述のように目標増加体重に下限と上限が定められています。

そこでここでは、妊娠中の肥満・痩せすぎのリスクについて解説し、適切な体重管理のための対策について述べていきます。

妊娠中における過度な体重増加の危険性

妊娠中は、女性ホルモンが大量に分泌されています。女性ホルモンの一つ「プロゲステロン」は、妊娠継続のために胎盤を維持させる働きがあります。一方で、食欲を増進させ、栄養分を体内に蓄えようとする働きもあります。

また、妊娠を機に仕事を退職する人も多く、妊娠前に比べて運動量が減っている人がほとんどです。そのため、妊娠中は太りやすい時期だといえます。ただ、前述のとおり妊娠中の過度な体重増加は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のリスクを高めます。

妊娠糖尿病とは、妊娠前からの糖尿病や明らかな糖尿病を除外した、妊娠中に起こる軽い糖の代謝異常のことです。多くの人は産後に治ることが多いです。ただ、重度の妊娠糖尿病は産後に糖尿病へ移行することがあります。

妊娠糖尿病はさまざまなリスクを高めます。例えば、妊娠糖尿病にかかると胎児が巨大児になりやすく、分娩が長引くことがあります。また、新生児が低血糖症になることもあり、脳に障害が起こる可能性があります。

妊娠中は、もともと血糖値が高くなりやすい時期です。そのため、妊娠中の急激な体重増加は妊娠糖尿病のリスクを高めます。妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週~分娩後12週の間に高血圧とタンパク尿の症状が出ることをいいます。母子ともに合併症が起こる危険性があり、重度の場合は命にかかわることもあります。

妊娠高血圧症候群の原因はまだ特定されていません。ただ、肥満は妊娠高血圧症候群のリスクを上げるといわれています。そのため、多くの産科医院では、体重管理をしっかり行うよう指導されます。

妊娠中における痩せすぎの危険性

妊娠中の体重増加のうち、約7kgは胎盤・羊水、妊娠のために増える母体の血液などです。それに加えて、分娩や育児のために蓄える脂肪が約3kg増えるため、その分だけ体重が増加するといわれています。

妊娠中のダイエットによる食事制限は、胎児を飢餓状態にすることがあります。そのため、子宮内胎児発育遅延や低出生体重児が生まれる可能性があります。

子宮内胎児発育遅延とは、胎児が胎齢・妊娠週数に応じた大きさに育っていないことをいいます。そのため、検査や治療のため入院したり、出産予定日の前に帝王切開を行ったりすることがあります。

低出生体重児とは、出生時の体重が2500g未満の新生児のことをいいます。医療機関でのサポートが必要になることがあり、将来糖尿病や肥満のリスクが高くなるといわれています。

適正な体重管理のための生活

体重管理のためには、食生活の見直しが大切です。妊娠中の摂取カロリー目安は、妊娠初期で妊娠前の食事に+50kcal、妊娠中期で+250kcal、妊娠後期で+500kcalとされています。ただ、この増加分は胎児のための食事なので、カロリー分を補えばいいということではありません。バランスの良い食事で増加分を補い、間食やジュースなどを控えることが大切です。

また、運動量が減りがちな妊娠中においては、軽い運動を行うことも大切です。特にウォーキングは、手軽に始めることができて身体への負担が少ないため、妊娠中に最適な運動といえます。また、体力がついたり臨月には胎児の頭が下がりやすくなったりすることから、安産にもつながるといわれています。

ほかにも、マタニティヨガやマタニティスイミングなど、妊娠中に適した運動があります。ただこれらは、自己判断で行うと予期せぬトラブルにつながりかねないので、医師に許可をもらって専門家の指導のもと行うのが好ましいです。

どの運動も、息切れしない程度に行うことが大切です。また、お腹が張るときは無理せず休み、ゆったりとした運動を心がけましょう。