妊娠中に起こる腰痛の原因と予防のための生活習慣

40550b1eb5344b37d71a42da87b9d863_s

妊娠中に起こるつらい症状の一つに、腰痛が挙げられます。経産婦(出産の経験がある妊婦)のほとんどが、妊娠中に腰痛が起こった経験を持ちます。腰痛は妊婦にとても身近な病気です。

妊娠中は、腰痛になりやすい時期です。一般的に、妊娠後期になるとおなかの重さは5kgを超えます。常に5kgの負荷を抱えている状態なので、その分だけ身体に負担がかかります。当然、お腹を支える腰回りの負担はとても大きいです。

ただ、妊娠中における腰痛の原因はこれだけではありません。妊娠中の腰痛には、妊娠中に分泌される女性ホルモンが影響しています。そこで、ここでは妊娠中に腰痛が起こりやすくなるメカニズムと、対策について述べていきます。

女性ホルモンと腰痛の関係

妊娠中は、妊娠・出産を進めていくためにさまざまな女性ホルモンが分泌されます。妊娠中に分泌される女性ホルモンのひとつである「リラキシン」には、骨盤の靭帯をゆるめて産道を広げる働きがあります。

靭帯は、骨と骨が離れないようにするために働いています。靭帯がゆるむと、それをカバーするために周辺の組織に負担がかかります。骨盤の靭帯がゆるむと、背骨や腰などに負担がかかるようになります。

妊娠中は、リラキシンの働きによって腰まわりに負担がかかりやすい状態になっています。さらに、妊娠中期以降には大きなおなかの負荷がかかります。そのため背中や腰などに負担がかかり、腰痛が起こりやすくなります。

また、リラキシンは骨盤だけではなく全身に作用します。そのため、全身の靭帯が緩み、全身において骨と骨がつながる力が低下している状態になります。

おなかが大きくなって前に突き出してくると、身体の重心は前に移動します。このとき、骨盤や骨のつながりが弱くなっているので、骨が前にずれることがあります。このときの骨のずれも、腰痛を起こす原因になります。

また、重心が前に移動すると、その分だけ前に倒れやすくなります。このとき、倒れないように背中の筋肉が身体を後ろへ引っ張る働きをします。そのため、背中の筋肉が酷使されて腰痛を引き起こすことがあります。

腰痛の予防・改善

妊娠中における腰痛は、大きいおなかや出産のためのホルモンが関係しているため、原因を取り除くことができません。そのため、日常生活での工夫が大切になります。

腰痛の予防には、筋力トレーニングが有効です。特に腹筋をつけるとおなかの重さを腹筋で支えられるようになるので、背中の筋肉の負担を減らすことができます。

代表的な腹筋運動は、仰向けで寝ている状態から上半身を起こす運動です。ただ、お腹が大きくなると、お腹がつっかえるのでこの運動が難しくなります。そのため、妊娠中の腹筋運動には上体をひねる運動がおすすめです。ひじと反対側のひざをくっつけることで、身体がひねられて腹筋が鍛えられます。体勢は座っていても寝ていてもかまいません。

また、マタニティスイミング(妊娠中に行う水泳)は全身の筋肉が鍛えられます。ただ、自己判断で行うと思わぬ事故につながることもあります。そのため、専門家の指導のもとで行うことが大切です。

どの運動に関しても、お腹に負担をかけないことが大切です。お腹の張りがあったらすぐに中断して安静にしましょう。

また、身体を温めることも腰痛の予防・改善につながります。腰痛の原因のひとつは、筋肉の緊張状態が続いていることです。筋肉は、温めると緊張がとけやすくなります。そのため、湯船に浸かるなどの身体を温めることが腰痛対策に有効です。

これとは逆に、筋肉は冷やすと緊張しやすくなります。そのため、身体が冷えていると腰痛が悪化しやすくなります。腹部を重点的に温めながら、全身を温めることが大切です。マタニティ用の腹巻きにはお腹の重みをサポートするものがあります。このような物をうまく活用して腰痛を予防しましょう。

また、腰に負担をかけない動作を意識することも大切です。前かがみの姿勢や中腰は腰に負担がかかるので、なるべく身体をまっすぐ維持するように心がけましょう。重いものを持つときは、一度腰を落として持ち上げることで、腰の負担を軽減することができます。

腰痛には、湿布薬などの貼り薬の使用が効果的です。このとき、貼り薬は胎児に影響がないと考えて、自己判断で薬を使用する妊婦は少なくありません。しかしながら、妊娠中に使用できない貼り薬もあります。そのため、必ず専門家に相談して薬を使用することが大切です。