女性でも問題になる男性ホルモンとニキビの関係

8be09fc1007825a7962a5d6b5a70a719_s

男性であれば、男性ホルモンがニキビと深く関係しています。ただ、「女性であっても男性ホルモンがニキビと関係がある」というと、多くの人は驚くのではないでしょうか。

女性にとっては、男性ホルモンを意識することはほとんどありません。そこで、男性ホルモンがニキビに与える影響についてみていきましょう。

男性ホルモンは女性にも存在する

まず真っ先にお伝えしたい大切なことは、「女性であっても、男性ホルモンと密接に関係している」という事実です。男性にも女性ホルモンが存在するように、女性にも男性ホルモンが存在します。もちろん、その量は男性のものに比べると非常に少ないです。

通常の状態だと、女性が持っている男性ホルモンというのは、男性の量の10%程度だといわれています。余談ではありますが、女性に「薄毛」が少ないのはこのためです。

男性の場合、薄毛が進行するとまったく髪の毛がなくなってしまいますが、女性の場合は男性ホルモンの分泌量が少ないので、途中で進行がとまるのです。

しかしながら、「女性が有する男性ホルモンの量は、常に男性の量の10%程度である」というわけではありません。環境が変われば、女性ホルモンと男性ホルモンの比率は大きく変動します。

男性ホルモンの量が増えてしまう一番大きな原因は、「ストレス」です。そして、ストレスによって男性ホルモンが増えると、肌に対して、悪い影響を及ぼすようになってしまいます。

男性ホルモンが多いと皮脂の量からニキビが増える

体内での男性ホルモンが多いと、ニキビができる確率が増えます。その理由の一つとして、「皮脂の量が増える」ということがあります。

皮脂のうちの半分程度は、「トリアシルグリセロール」と呼ばれるものです。男性ホルモンの分泌は、このトリアシルグリセロールと密接に関係しています。男性ホルモンの働きが、トリアシルグリセロールの量を増やしてしまうのです。

そのため、男性ホルモンが増えると、必然的に皮脂の量も多くなってしまいます。皮脂の量が増えれば、毛穴がふさがれてしまう可能性が高くなります。ふさがった毛穴のなかでは、本来分泌されるはずの皮脂が溜まったままになってしまっており、これを食べ物として、ニキビを引き起こすアクネ菌が異常増殖してしまいます。

また、男性ホルモンが多い状態というのは、ストレスが多くなっている状態でもあります。このため、「ストレスによってニキビが悪化する」という側面もあります。

女性ホルモンを増やせば事態は解決するのか

このように考えていくと、「男性ホルモンではなく、女性ホルモンを増やせばいいのか」という疑問が出てきます。もちろん、女性ホルモンを増加させることによって改善できるニキビというのもあります。例えば、妊娠中期以降の女性というのは、エストロゲンの増加によって、肌の状態がよくなるともいわれています。

しかしながら、これは「どんな状況下でも、女性ホルモンが増えればニキビができなくなる」というわけではありません。

女性ホルモンが増えれば、それが原因で起こるニキビもあるからです。女性ホルモンの代表例である「エストロゲン」は肌に乾燥をもたらすともいわれています。「乾燥」はニキビをもたらす原因の一つであるため、必ずしも女性ホルモンがニキビに良いとはいえません。

つまり、「男性ホルモンが増えるとニキビが増えるため、女性ホルモンを増加させるようにすればニキビが解決する」という単純なものではなく、「バランスをとること」が大切だといえます。