季節ごとのニキビケア:春・夏・秋・冬のニキビ

1d063d917e416053291eb778c191265c_s

「ニキビに悩んでいる人の肌」と一口に言っても、肌の状態は年齢などの要素をいれると個人によって違います。また、同じ人の肌であっても、季節によって手入れすべきポイントが違うこともあります。

そこで今回は、「季節によって違うニキビ対策」を紹介していきます。春、夏、秋、冬とそれぞれ対策が異なってきます。

春のニキビ:花粉は意外に攻撃的で、環境変化によるストレスもある

まずは「春」からみていきましょう。春は、実は花粉によってニキビが悪化しやすい時期なのです。花粉症は、本来は外敵ではない花粉を「侵入者だ!」と感じて攻撃することによって起こります。くしゃみや鼻水、涙などによって花粉を外に追い出そうとする反応が花粉症なのです。

花粉症では免疫が過敏になっており、健康な状態ならば看過されるものに対して、過剰に反応することで体内から追い出そうとします。このときの反応によって熱をおこし、炎症などを生じてしまうことがあります。

ニキビの初期段階である黒ニキビや白ニキビは、まだ炎症を起こしてはいない段階です。ただ、花粉症患者では花粉によって炎症を起こしやすくなり、本格的なニキビへと移行する確率が高くなります。

また、春は転勤や部署移動、進級や就職によって、環境がかわりやすい時期です。環境の変化というのは、たとえ自分が望んだものであっても、非常にストレスがかかるものです。これによってニキビが引き起こされることもあります。

ストレスを完全に避け切ることは難しいですが、ゆっくりとリラックスする時間を作ったり、睡眠を十分にとったりすることで軽減できます。

花粉症の方は、花粉症対策をするのが第一です。花粉症は事前に抗アレルギー薬を服用することで、症状を軽減させることができます。また、現在では花粉に慣れさせることで永続的に症状を和らげるようにする薬もあるため、これらを試すこともできます。

夏のニキビ:紫外線は美白を妨げるだけではない

夏の強烈な紫外線は、ニキビの原因となります。美白を妨げるだけでなく、肌へのダメージとなってしまいます。紫外線によってニキビができやすくなるのには、いくつかの理由があります。

紫外線は肌の敵です。肌は分厚くなることで肌の内部を守ろうとしますが、その結果、角質が分厚くなって毛穴が狭まってしまいます。また、紫外線によって増えた活性酵素が内部から攻撃をしてきます。

これらを防ぐために必要なのは、日焼け止めです。一度塗って安心するのではなく、塗り直しも行うようにしましょう。また、意外に塗り忘れてしまいがちなのが、「首から顎の部分」です。ここもしっかり塗り拡げる必要があります。

ただし、日焼け止めは後でしっかりと落とさなければいけません。化粧を落とさなければニキビの原因になるのと同じように、日焼け止めの落とし忘れると毛穴を詰まらせることで逆にニキビを生じさせてしまいます。

秋のニキビ:季節の移り変わりにご注意を

秋は比較的ニキビのできにくい季節だといわれています。しかし、だからといって安心してはいけません。紫外線の量は夏(8月)よりは低いものの、8月の約80%程度の量があります。また、季節の変わり目であることから、温度変化が急激で、肌が季節の変化についていかなくなることもあります。

この時期は、紫外線対策に加えて、保湿をしっかり行っておきたい季節でもあります。9月の初旬と11月の終わりでは、同じ「秋」であっても、対策が異なります。前半は紫外線対策を特に念入りにして、後半は保湿を考えて肌ケアをしましょう。

冬のニキビ:乾燥対策をしっかり行う

冬はやはり、乾燥対策が大切です。普段は乾燥しないという人でも、この季節は肌がぱさつくことが多いです。「秋までは、クリームを使わずに美容液で充分」という人であっても、この時期はクリームや乳液などで保湿をすることが必要になってくるかもしれません。

冷え性の人の場合は、女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が活発になっている可能性もあります。このため、冷えを解消することも重要です。

保湿効果の高い基礎化粧品を使うだけでなく、温かいものを食べるなどして対策を練ってください。また、暖房などの使いすぎによっても肌の水分は奪われます。加湿器などの稼働も検討してみてください。

このように、季節が違えばその対策も異なります。それぞれの季節に合わせたニキビケアを行えば、肌の悩みから解放されやすくなります。