背中ニキビの原因となるマラセチア菌とは

df264f3204eef07049fbdd42d341d9b8_s

「ニキビ」というと、多くの人が「顔にできるもの」という印象をもっているのではないでしょうか。もちろん、これは間違いではありません。顔のニキビというものはとても目立ちますし、誰もが一度は経験したことのあるものだからです。

しかしながら、実は「ニキビ」というのは、顔だけにとどまるものではありません。背中などの「体部分」にもできるものなのです。今回は、背中ニキビを中心として、「体にできるニキビ」の原因と、その対策についてみていきましょう。

背中ニキビの原因はマラセチア菌?

背中ニキビの原因となるのは、顔のニキビの原因となる「アクネ菌」とは違うものであることもわかっています。むしろ、背中ニキビの場合は、アクネ菌が原因である確率よりも、ほかの菌が原因である確率の方がはるかに高いと言えます。

では、その菌とは何なのでしょうか?背中ニキビを起こす原因となる菌は、「マラセチア菌」と呼ばれるものです。

実はこのマラセチア菌、ニキビを起こすときにだけ存在するものではありません。たとえニキビがない状態であっても、常に皮膚に住み着いている菌(常在菌)なのです。

ただ、必ずしも「背中ニキビ=マラセチア菌」というわけではありません。皮脂分解の際に過酸化脂質が生成され、炎症を起こしてしまう可能性があります。これによってニキビが発生するわけであり、常にマラセチア菌が悪さをしているわけではありません。

マラセチア菌によって起こるニキビと特徴

マラセチア菌によって起こるニキビは、顔のニキビとは違う特徴があります。顔のニキビの場合、「目立つこと」と同時に頭を抱えたくなるのが、「かゆみ」などです。ひどい人の場合は、痛みを感じるケースもあります。

しかし、マラセチア菌の場合、このような症状はほとんどでてきません。場所が自分では見えない「背中」であることと相まって、なかなか気づかない人もいるのはこのためです。

わずかではありますが、不快なかゆみや痛みが出てこないというのは、背中ニキビに悩む人にとって、救いとなるでしょう。

背中にできたニキビへの対処法

背中にできるニキビの原因であるマラセチア菌と、顔にできるニキビの原因であるアクネ菌は、まったく違うものです。しかしながら、2つとも、「人間の皮脂をえさ場として、増殖していく」という特性には変わりがありません。

「背中は顔にくらべて脂ぎっていない」という人も多いかと思いますが、もともと脂性肌の人の場合は気を付ける必要があります。それに加えて、マラセチア菌の場合、頭に繁殖すると抜け毛を誘発してしまう可能性もあります。男性型脱毛症に悩んでいる人などは、特に注意が必要でしょう。

マラセチア菌は、カビの一種です。そのため、皮膚科などを受診し、カビに対抗できる薬などを処方してもらうと解決が早まります。また、「本当にマラセチア菌によるものなのか」というところまで診断してもらえるので安心です。

ただ、「病院に行くほどではない」と考える人もいるでしょう。そのときに頼りになるのが、市販の背中用ニキビケア用品です。

顔用のニキビケア商品を体に使うのは、あまり適切ではありません。上でもあげたように、顔のニキビを引き起こす菌と背中のニキビを引き起こす菌は基本的には違うものだからです(まれに同じ原因であることもあります)。

市販品を使うなら、あくまで「背中(体)ニキビ対策に特化した商品」を使うとよいでしょう。顔ニキビケア用の商品は、あくまで顔用に開発されたものです。