大人ニキビを生じる原因と対策:化粧品と保湿

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

「思春期に発生するニキビに悩まされていたけれど、それは加齢とともに落ち着いた。しかし25歳を過ぎてからは、まだニキビに悩まされるようになった」

このような悩みを抱える人はいませんか?ここでは、大人になってから発生するニキビ(以下「大人ニキビ」とします)の原因についてみていきましょう。

大人ニキビと思春期ニキビは違うもの

思春期に起きていたニキビ(思春期ニキビ)と大人ニキビは、同じ「ニキビ」に分類されるものでありながら、その原因はまったく違うものです。思春期ニキビが「皮脂の過剰分泌」によって起こるものであるのに対して、「大人ニキビ」は乾燥などによって起こるからです。

つまり、大人ニキビは肌に潤いがないときに起こりやすくなります。

「毛穴のつまり」がニキビの原因となるのは思春期ニキビも大人ニキビも同じです。思春期ニキビの場合は皮脂が毛穴を、大人ニキビの場合は古くなった角質が毛穴を防いでしまうのです。

かさかさに乾いてしまった肌というのは、角質層の厚さを分厚いものに変えてしまいます。このため、本来は外側に出ていくはずの皮脂が毛穴のなかに閉じ込められてしまい、そこで雑菌が繁殖してしまいます。雑菌の繁殖は炎症を引き起こし、結果としてそれが「ニキビ」という形ででてきてしまうのです。

大人の女性ならではの悩み、「化粧品」

また、思春期のころとは違い、大人になると女性では「化粧」をよくすることになります。毎日化粧をしている、という人も多いのではないでしょうか。

この化粧が、毛穴を防いでしまうのは、想像しやすいでしょう。「化粧落としで化粧を落としている」という人であっても、落としのこりがあったり、化粧落としを使った後の洗顔が十分でなかったりすれば、それが毛穴のつまりや刺激の原因にもなります。

ストレスにも気を付けたい

それに加えて、大人の場合、子どもに比べて重いストレスを抱えてしまいがちです。ストレスを抱えると、人間の体というのは、たやすく変調をきたしてしまいます。特にニキビと関係が深いのが、「ホルモンのバランスがくずれること」です。

緊張した状態というのは、男性ホルモンの分泌量が多くなることにつながります。そして、男性ホルモンはニキビの原因となる「皮脂の過剰分泌」という環境を生み出してしまうのです。これによっても、大人ニキビが起こり得るのです。

考えたい、対策したい、大人のニキビ

このように考えていくと、大人ニキビの対策の基本は、「保湿」にあるといえます。10代のころから基礎化粧品を変えていないという人は、見直すことを強くオススメします。

10代の肌とそれ以降の肌は状態が大きく違うため、「皮脂を取りすぎる基礎化粧品になってしまっていた」ということもよくあるからです。保湿効果の高いものを選び、肌に潤いを与えるように努めましょう。また、化粧落としを使うときは、化粧落としを肌になじませていた時間の3倍以上の時間をかけてすすぎましょう。

もちろん、化粧をおとさずに寝てしまう、などというのは絶対に避けなければなりません。特に、お酒などを飲んで帰ってきたときには注意が必要です。食事も乱れているうえに化粧を落とさずに寝てしまったということになれば、肌が受けるダメージは相当のものです。

ストレスとどう向き合っていくかというのは、なかなか難しい問題です。誰であっても、「ストレスのない生活をしたい」と考えているでしょう。しかし、生きていれば何かしらのストレスは必ず受けてしまいます。

ただそのときに、息抜きやストレスの解消方法を知っておけば、状況は改善されるでしょう。大人だからこそのニキビは、原因と対処を知ることが大切です。