生理前にニキビが起こる理由と予防、対策方法

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s

女性では「普段はニキビができないのに、生理前だけできる」「確かに、肌はそれほどきれいではないし、トラブルも抱えている。でも、普段にもまして、生理前にはニキビが大量発生する」「生理になるのも憂鬱だけど、その前にニキビができやすくなるのも憂鬱」などの悩みを抱えていないでしょうか。

生理前になると、女性は特にニキビができやすいです。そこで今回は、生理前にニキビができる原因とそれに対する対策を見ていきましょう。

生理前にニキビができるのは自然の摂理

ある意味では、生理前にニキビができるのは「自然の摂理である」ということができます。ニキビとホルモンバランスは、密接な関係にあります。ホルモンバランスが崩れればニキビはできやすくなります。特に、皮脂の分泌を促進させるホルモンが大量に出ていれば、ニキビを生じる可能性は高くなるといえます。

このような、「ホルモンバランスの変化」は女性の体にも起こります。皮脂の分泌量を増やすホルモンの一つに、「黄体ホルモン」と呼ばれるものがあります。黄体ホルモンは別名で「プロゲステロン」とも呼ばれるものであり、これは皮脂の分泌を活性化させる役割を担っています。

生理前には黄体ホルモンの分泌量が増え、皮脂の分泌量も増加します。その結果、ニキビができやすい肌になってしまいます。このように考えていくと、「生理前にニキビができるのは、ある程度は自然である」といえるのかもしれません。

生理前のニキビは2週間前から始まる

実は、「生理前にニキビができやすくなる」という素地は、生理の2週間前から作られています。これは黄体ホルモンが増えていくからなのですが、この時期は肌も乾燥しやすくなるといわれています。また、余談ですが、ダイエットの効率も落ちると言われています。

上ではざっくりと「2週間前」としましたが、はっきりとわかる方法もあります。それが、「基礎体温をつける」ということです。高温期に入ったあたりから、黄体ホルモンは活発に分泌されるようになります。

なお、生理が始まった後は卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、これによって肌の状態は良くなっていきます。生理が繰り返されるごとに「黄体ホルモンによるニキビの悪化」と「卵胞ホルモンによる肌状態の改善」が起こるのです。

生理前のニキビと対策

生理前のニキビというのは、ホルモンの量による影響が大きいです。そのため、生理が開始してから2週間の間に落ち着く、というケースもよくあります。

ただ、「2週間にもわたって肌にニキビを生じやすくなるのか」と感じる人もいるでしょう。その場合は、やはり、「生理前のニキビ対策」が必要になります。

もっとも一般的な方法は、やはり「外から取り入れる油分を少なくする」というものでしょう。つまり、食事内容に気を付けます。揚げ物や甘すぎるものなどはできるだけ避け、野菜を中心とした食事を組み立てるようにします。

また、乾燥も生理前のニキビを作る要素の一つであるため、いつも以上に保湿に気を付けることも重要です。このときは、睡眠時間をたっぷりと確保することも忘れないようにしましょう。どうしてもニキビがひどいのであれば、「生理前と生理中~生理後で使う基礎化粧品」を変えるという手法もあります。

ただ、生理前のホルモンバランスの変化というのは、とても「自然」なことです。そのため、おおらかな気持ちでとらえることも重要です。

もちろん、あまりにもニキビの量が多すぎたり、生理後もずっと治らず残り続けたりすることが頻繁に起こる場合、皮膚科などを受診することをおすすめします。