男性も女性もストレスで大人ニキビが増える

 

e287e7382745d9ef5376fcedc994cfb2_s

大人になれば、子どもの頃にはなかった理由でニキビが増えることがあります。特に、「ストレス」によるものなどは、男性であっても女性であっても関わりが深いものです。

ニキビというのは、女性だけの悩みではなく、男性でも頭を抱えている人も多いのです。そこで男女関係なく頭を抱えることになる、「ストレスとニキビの関係」についてみていきましょう。

ストレスは男性ホルモンの量を増やす

ストレスというのは、男性ホルモンの量を増やしてしまいます。そして、増やされた男性ホルモンは、皮脂の量を増やす働きがあります。皮脂が増えすぎると毛穴をふさいでしまい、肌の下に油分を蓄えます。この油分をエサとして菌が異常増殖し、ニキビを作ってしまうのです。

では、そもそもどうして、ストレスを受けると男性ホルモンの量が増えるのでしょうか?これは、副腎皮質から分泌されるコルチゾールというホルモンの働きが関わっています。

コルチゾールは、ストレスに対して身構えることのできるホルモンです。言ってみれば、ストレスから体と心を守る兵士なのですが、このコルチゾールには、男性ホルモンの分泌を促進させる働きもあります。

つまり、ストレスに立ち向かう過程でコチルゾールが放出され、それに伴って男性ホルモンが分泌されます。このときの男性ホルモンが皮脂の分泌を促し、過剰になった皮脂が毛穴を防ぐことでニキビが起きやすくなるのです。

男性ホルモンが増える環境下では生活が不規則になりやすい

また、もう一つ大きな問題があります。それは、「男性ホルモンが増える環境下では、総じて生活が不規則になりやすい」ということです。

男性ホルモンが増える理由というのは、いくつかあります。しかし男性であれ女性であれ、大人にとってもっとも身近な理由は「ストレス」でしょう。過度なストレスにさらされると、人間の体というのはホルモンバランスを崩します。

ストレスによる緊張状態が続いたときというのは、「興奮」と関係する交感神経が活発化します。副交感神経は「リラックス」と関係していますが、この逆の神経が働くのです。そして、この「交感神経の活性化」というのは、コルチゾールの分泌量を増やしてしまいます。

コルチゾールが男性ホルモンの分泌を促し、それがニキビのできやすい環境を作る、というのは先ほど触れたとおりです。つまり、「ストレスによる緊張状態 → 交感神経の興奮 → コルチゾールの分泌 → 男性ホルモンを刺激して皮脂量を増やす」という流れになります。

そして、この「ストレスによって男性ホルモンが増えた状態」というのは、多くのケースで、「栄養不足」「食生活の不安定さ」を生み出します。

想像してみてください。仕事でものすごく忙しくて、帰ってくるのが深夜のとき、その時間から食事を作ろうと思えるでしょうか。恋人と別れたばかりで落ち込んでいるときに、よく眠れるでしょうか。家族と喧嘩したその日に、栄養を考えた料理のことを考えられるでしょうか。

ただ、あなたがお酒好きな人ならば、残業続きでストレスがたまっていた日の週末は、いつもよりも余計に飲んでしまうかもしれません。

このように、男性ホルモンが増える過剰なストレス下においては、生活スタイルも乱れがちになってしまいます。そして、生活スタイルが乱れ、睡眠不足や栄養の欠如(あるいは暴飲暴食など)が起きれば、それがまたニキビの原因となってしまう可能性があるのです。

ストレスは、コルチゾールの増加を生み出し、皮脂によるニキビの発生を促してしまいます。また、ストレスがある状況下では生活環境を整えるのも難しく、ニキビを悪化させることにもつながります。男性も女性も、ストレスから身を守って、ニキビを作ったり悪化させたりすることを避けたいものです。