睡眠不足(不眠症)とニキビ・肌荒れの関係

28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_s

「睡眠不足が肌に悪い」というのは、多くの人が知っていることなのではないでしょうか。しかし、「なぜ睡眠不足が肌に悪いのか」「なぜ睡眠不足が続くとニキビや肌荒れが発生してしまうのか」ということを、きちんと知っている人はそれほど多くはありません。

そこで今回は、睡眠不足とニキビ・肌荒れの関係についてお話していきましょう。

睡眠不足とホルモンの関係

夜更かしや不眠症などによって睡眠時間が不足すると、自律神経のバランスが大きく乱れることになります。自律神経とは、内臓の動きを調節する神経のことを指します。自律神経には交感神経と副交感神経の2つが存在します。

私たちは、リラックスをしているとき、「副交感神経」が優位になっています。食事中などに働く神経が副交感神経であり、体を休めているときに活発になります。

しかし、睡眠不足が続くと、体を緊張させる「交感神経」が優位になります。交感神経は、皮脂の分泌量を増大させる男性ホルモンを活性化させるともいわれており、これによって皮脂量が過剰になることがあります。

「皮脂の量が多いこと」が「ニキビの原因のすべて」ではありませんが、「ニキビの原因のうちの一つ」ではあります。そのため、睡眠不足によって交感神経が活発になり、ニキビが発生しやすくなると考えられています。

また、人間は寝ているときに、肌の調子を整える成長ホルモンを分泌させます。睡眠時間が足りないと、この成長ホルモンがうまく分泌されず、肌の修復機能が衰えてしまいます。睡眠不足には「ニキビ・肌荒れになりやすい」というだけでなく、「生じてしまったニキビや肌荒れが治りにくくなる」というデメリットもあるのです。

睡眠不足が抵抗力の低下につながる:ストレスと睡眠不足

また、睡眠時間が不足すると、体の抵抗力が落ちてしまいます。そのため、アクネ菌などを中心とした、ニキビを発生させる菌類の増殖を許してしまいます。睡眠不足の肌というのは、「いつもと同じ手入れ」をしていても、普段に比べてずっとずっと菌が発生しやすい肌の状態になっているのです。

また、「眠れない」ということ自体がストレスになります。ストレスは、肌のみならず健康をも害するものです。「眠れないストレス」がニキビ・肌荒れを生み、その肌の状態がストレスになり、そしてそのストレスゆえにまたニキビ・肌荒れが発生するという悪循環を作るようになります。

「よい睡眠」とはどのようなことを指すのか

このため、ニキビや肌荒れに悩む人は、きちんと睡眠時間を確保する必要があります。しかし、「睡眠時間を確保できればそれでいい」というわけではありません。「いつも同じような時間に寝る」という生活習慣を身に着けておかなければいけません。

1日だけ早く寝るようにしたとしても、体は「いつもなら動いている時間だ」と認識し、十分に睡眠状態に入ることができず、きちんと休むことができません。

また、成長ホルモンがよく分泌されるのは、夜間(特に夜の22時から2時まで)と考えられています。そのため、夜更かしをするのではなく、「22時から2時の睡眠」を確保することが良いといわれています。成長ホルモンが肌の新陳代謝を促し、ニキビ・肌荒れなど肌の改善を促します。

睡眠不足はニキビ・肌荒れだけでなく、体の健康そのものにも大きな影響を与えるものです。これからの生活や健康、美容を考えていくためにも、良質で長い睡眠時間を確保することが重要です。