ニキビ跡や予防に効果的な「サプリメント」

6b66ec8686cd695ff2a07f29d8313227_s

ニキビと「栄養」は深い関係にあります。そのため、ニキビを予防したり、ニキビ跡をケアしたりするために有用な栄養素というものが存在します。今回はそれら栄養素についてみていきましょう。

ビタミンAは粘膜をすこやかに維持することに役立つ

ビタミンAは、粘膜や皮膚といったものを、すこやかに保つために役立ちます。そのため、ビタミンAの摂取は、ニキビのケアを行ううえで欠かせません。

ビタミンAについて調べていると、しばしば「βカロテン」という表記に巡り合うでしょう。このβカロテンは、「体のなかにあるビタミンAの必要量がたりなくなると、ビタミンAに変身して働いてくれる」という大変有用な成分です。必要がない状況ならば変身はしないため、ビタミンAの過剰摂取による頭痛などの症状が起こりません。

ちなみにこのβカロテンは、活性酸素の減少にも役立ち、アンチエイジングにも効果的です。ただ、この2つに関しては、明確に区別されることはそれほど多くはありません。サプリメントとして摂取する場合は、「βカロテン=ビタミンA」という認識で選んでもよいでしょう。

もっとも有名なビタミンCの効果とは

美容業界において非常に有名なビタミンがあります。それが、「ビタミンC」です。コラーゲンの生成に関わってくるものであり、ニキビの跡をケアするために役立ちます。

ちなみに、このビタミンCは水溶性であり、蓄えられる量には限界があります。そのため、過剰摂取しても意味がありません。加えて、2~3時間で排出されてしまうため、「1日に1回、大量にビタミンCをとる」という方法よりも、3回にわけてとる方がよいでしょう。

ビタミンEの効果も知っておきたい

ビタミンEは血行をよくすると言われています。血行がよくなれば、肌に酸素や栄養素を滞りなく届けることができます。このビタミンEは、ビタミンA(βカロテン)やビタミンCと一緒に摂取することで、さらに有効に働くと言われています。

これらの栄養素、ニキビだけでなく、アンチエイジングや美白ともかかわってくるので、積極的にとりいれたいものです。

「サプリメント」という選択肢

ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどは、食品からとれれば安くてすみます。しかし忙しい人や料理が苦手な人などには、これがなかなかの難問です。また、「必要な栄養素をピンポイントでとる」ということもとても難しいでしょう。

そんなときに頼りになるのが、サプリメントです。サプリメントは手軽で持ち歩きができるうえ、必要な栄養素をピンポイントで補うことができます。

このような効率のよさというのは非常にありがたく、現在では多くの人がサプリメントを使用しています。値段の高いものから安いものまであり、さまざまな会社がいろいろな種類のものを打ち出していますから、自分に合いそうなものを選択するとよいでしょう。もちろん、「乗りかえ」をしてもいいものです。

サプリメントの手助けを借りるときに注意したいこと

ただ、サプリメントというのは、ニキビを治す効果のある「薬」ではありません。あくまで「補助食品」「足りない栄養素を補う」という役割にとどまります。

また、サプリメントを飲んでいたとしても、それ以外の食事の部分でも気を付けないと、ニキビ跡の改善やニキビを予防するどころか、さらなる悪化を招いてしまいます。

このため、サプリメントは、「食事でとることをこころがけならがらも、足りないものや、さらに欲しい栄養素を追加で摂取するためのもの」と考える方がよいでしょう。サプリメントを上手に利用して、ニキビケアに努めるようにしてください。