ニキビを潰し、芯を取っても問題はないのか

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

ニキビというのは、とてもやっかいです。顔にあれば目立ちますし、ついつい触ってしまうものです。そのため、これらを手っ取り早く解消しようとニキビを潰し、芯を取ってしまいたくなるという人は多いのではないでしょうか。潰したときはすっきりしますし、目立たなくなるように思います。

しかしこのような行動は問題がないのでしょうか。今回は、「ニキビを潰し、芯を取ることはやってもいいのか、それともまずいのか」ということを考えていきましょう。

ニキビの芯を取ることの基本を知る

ニキビが小さく、芯が簡単に取れるようなものであるのなら、取ってしまっても問題はないと皮膚科のドクターは言います。

上手に取ることができれば、赤ニキビなどになることを防ぐことができますし、ニキビケアという意味では間違っていません。

自宅でニキビの芯をとることはできるのか

洗顔などで、無理なくニキビをケアできれば、確かにそれが理想的です。しかしそれは、現実的には難しいでしょう。このため、自宅でニキビの芯を抜く場合は、指先を使って押し出すか、テープなどを利用して引き抜くことになります。また、吸引するための道具なども販売されています。

これらのやり方で芯がぬければよいのですが、実際には自宅のケアでニキビの芯を取るのは難しいと言われています。特にニキビが大きいものであるのなら、上記のような方法で除去するのは現実的ではありません。

ニキビが膿のように見えるからか、ピンセットや針などでつついて出してしまおうとする人もいます。しかしこのようなことをすると、ニキビ跡ができる可能性が高くなります。

清潔なピンセットや針であっても危険性は高いため、雑菌がついているものなどでやれば、さらにリスクはあがります。また、これが原因となって、さらにニキビが悪化することもあります。

このため、ニキビの芯をとることは必ずしも悪いことではないし、自宅でのケアができることもあるが、「基本的には避けるべきである」ということがわかります。

皮膚科による処置を学ぶ

ただし、これは自宅でのケアの話です。専門の皮膚科に受診すると、ニキビの芯を出すための治療方法が行われることがあります。

これは「面皰圧出(メンポウアッシュツ)」と呼ばれる方法であり、原理的には上記で挙げた方法とはそれほど違いがありません。肌をよく消毒し、レーザーや針などでニキビをつつき、そのあとに毛穴から芯を押し出します。自宅で行うものとは違い、専門家の判断のもと行われます。

そのため、以下のような利点があります。

・「芯を抜く」という治療方法がベストのニキビであるのかがわかる
・消毒された器具で施術が行われる
・専門医の手によるものであるため、安全性が高い
・レーザーを使った場合、殺菌効果が得られ、再発を防止できる
・早く改善できる

安全な方法は皮膚科に頼ることにある

確かにニキビの芯を抜くことは、自宅でもできます。成功すれば、治りも早くなるでしょう。しかし自宅でやることは、やはりリスクが大きいといえます。

芯を抜くべきニキビであるのかそうではないのかの見極めも、私たち「素人」にはなかなか難しいものですし、「治すためにやったこと」が「ニキビ跡を残すこと」につながってしまっては目もあてられません。

このため、「ニキビの芯を抜きたい」と考えたのなら、やはり皮膚科などに任せるようにするのがよいでしょう。ちなみに、「ニキビの治療は美容にあたるため、保険がきかないのではないか」と思う人もいるかもしれませんが、この治療は保険対象内です。