月経前の頭痛:ホルモンバランスの変化による頭痛

e072a3db96067d5ff1ef44398e970e83_s

女性の身体は、約1ヶ月周期で体調が変化します。これは、一般的な月経周期が約1ヶ月周期であり、月経周期を起こすホルモンが全身に作用するためです。

特に、月経前にはホルモンバランスが急激に変化するため、さまざまな不快な症状が出やすいです。このような、月経前に起こる不快な症状を「月経前症候群(PMS)」といいます。

PMSの一つである「月経前の頭痛」は、PMSだと認識されないことが多いです。これは、頭痛の原因が、「頭痛が起こりやすい体質(いわゆる頭痛持ち)であるからだ」と認識されることが多いためです。

「頭痛持ち」の自覚がある人のほとんどが、鎮痛薬で対処しています。ただ、頭痛の原因がPMSであれば、生活習慣の改善で頭痛が緩和・改善することがあります。そこで、ここでは月経前に起こる頭痛のメカニズムについて解説していきます。

月経前に頭痛が起こるメカニズム

女性の身体では、約1ヶ月周期で2つの女性ホルモンのバランスが変化します。

月経が終わる頃には、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量が増加し始めます。エストロゲンの分泌量は数日でピークを迎えて、排卵を起こすホルモンの分泌を促します。そして、この数日後に排卵が起こります。

排卵が起こると、卵巣から「プロゲステロン」という女性ホルモンと少量のエストロゲンの分泌が始まります。プロゲステロンは数日後にピークを迎えて、その後エストロゲンとともに分泌量が低下していきます。

排卵から約2週間後に、卵巣における2つの女性ホルモンの分泌がほぼなくなります。そして、これらの女性ホルモンの分泌量低下が引き金となって、月経が起こります。

これら2つの女性ホルモンは、妊娠・出産を行うために働いています。

エストロゲンには、妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、乳腺を発達させたりする働きがあります。また、神経伝達物質の一つである「セロトニン」の分泌を増やしたり、セロトニンの働きを助けたりする作用もあります。

セロトニンとは、睡眠や体温などを調整したり、精神を安定させたりする物質のことです。また、セロトニンには脳の血管を収縮させる作用もあります。前述のように、月経前にはエストロゲンの分泌量が低下します。そのため、セロトニンの分泌量も低下して働きが鈍くなります。

セロトニンの分泌量が低下すると、脳の血管が拡張しやすくなります。血管が拡張すると、周りの神経が圧迫されます。このとき、脳内で一番大きい神経である「三叉神経(さんさしんけい)」が圧迫されると、痛みの原因となる物質が分泌されます。

痛み物質は、痛みを起こすとともにまわりの組織に炎症を起こします。これによって、血管がさらに拡張して三叉神経が刺激され、頭痛が起こります。このような頭痛を「偏頭痛」といいます。

偏頭痛では、脈打つような痛みがあり、身体を動かすと痛みが増幅するのが特徴です。また、吐き気や嘔吐、下痢などを伴うこともあります。

このように、月経前はエストロゲンが低下することによってセロトニンが低下して、偏頭痛が起こりやすくなります。

また、月経前にプロゲステロンの分泌量が増えることも頭痛の原因になります。

プロゲステロンには、厚くなった子宮内膜を維持したり、妊娠に備えるために栄養素や水分を体内に蓄えたりする働きがあります。月経前は、このようなプロゲステロンの働きによって身体の水分量が増えてむくみやすくなります。

むくみは、手足などの症状によって自覚することができます。ただこのとき、手足だけではなく脳内もむくんでいます。脳内の水分量が増えてむくんでいると、まわりの血管や神経が圧迫されやすくなります。これらはどちらも頭痛の原因となります。

月経前の頭痛対策

前述のように、月経前の頭痛はホルモンバランスの変化によるものです。ただ、このホルモンバランスの変化は生理的なものなので完全に抑制することはできません。

ただ、エストロゲン減少による頭痛は、セロトニンを増やす生活習慣を心がけることで改善することがあります。

セロトニンは、日の光を浴びたりリズム運動を行ったりすることによって活性化します。そのため、夜型の生活を避けて歩行や咀嚼などの反復運動を積極的に行うことが大切です。

また、セロトニンを増やすためには、材料となる栄養素を摂取することが大切です。

セロトニンは、アミノ酸の一種である「トリプトファン」から作られます。また、セロトニンの合成にはビタミンB6も必要です。そのため、月経前の頭痛防止にはこれらを意識して摂る必要があります。トリプトファンは、牛乳や大豆、バナナなどに多く含まれます。また、ビタミンB6は青魚、にんにく、バナナなどに多く含まれます。

通常、普通の食事でこれらの栄養素が不足することはありません。ただ、ダイエットのために食事制限を行い、慢性的にこれらの栄養素が足りない人は少なくありません。そのため、月経前の頭痛防止には、バランスの良い食事を摂ってダイエットのための食事制限を控えるのが賢明です。

また、寝過ぎや空腹も偏頭痛の原因になります。そのため、休みの日でも同じ時間に起床して過度の空腹を避けることが大切です。

ただ、チョコレートやチーズなどは偏頭痛を誘発するといわれています。月経前には甘いモノが食べたくなることが多いですが、月経前に頭痛が起こりやすい人は月経前にこれらの食品を避けるのが賢明です。

このようにして、月経前症候群(PMS)による頭痛への対策を行っていきます。生活習慣を改善することにより、月経前の頭痛を軽減できるようになるはずです。