月経困難症:月経に伴う下痢のメカニズムと対策

049e728619bcaa24721d858e5e8b99ff_s

月経には、不快な症状を伴うことが多いです。特に、「生理痛」と呼ばれる下腹部痛は、月経経験者であればほとんどの人が経験しています。

このような月経に伴う不快な症状を「月経困難症」といいます。月経困難症は、生理痛のほかにも頭痛、吐き気などがあります。

月経困難症の中でも、下痢は多くの人が経験する症状です。月経が終わるとともに症状が治まることがほとんどなので、軽度であれば治療する必要はありません。ただ、月経のたびに重症な下痢が起こると、生活の質を著しく下げてしまうため対処が必要です。

そこで、ここでは月経に伴う下痢のメカニズムと対策について述べていきます。

月経中に下痢が起こるメカニズム

女性の身体は、約一ヶ月周期でホルモンのバランスが変化します。月経が終わる頃には「エストロゲン」という女性ホルモンが分泌され始め、分泌量がピークを迎えると排卵が起こります。

排卵が起こると、「プロゲステロン」という女性ホルモンが分泌され始めます。プロゲステロンの分泌量は排卵の数日後に最大になり、その後は徐々に低下していきます。そして、月経が始まる頃にはこの2つの女性ホルモンの分泌量はかなり少なくなります。

これら2つのホルモンは、身体を妊娠に備えさせるために働いています。特に、プロゲステロンには、子宮の筋肉を弛緩させて厚くなった子宮内膜を維持する働きがあります。

このとき、プロゲステロンは子宮だけでなく、子宮の周りの筋肉も弛緩させます。この働きによって、腸の筋肉が緩んで便を外に排出する力が弱くなります。また、プロゲステロンには、より多くの水分を吸収させることで、体内に水分を蓄えさせる働きもあります。そのため、水分を奪われた便が固くなり、外に排出されにくくなります。

このように、プロゲステロンには、便を排出しにくくなる(=便秘が起こりやすくなる)作用があります。そのため、プロゲステロンの分泌量が多い月経前は便秘が起こりやすいです。

このような月経前の便秘は、プロゲステロンの分泌量が減ることによって月経開始とともに解消することが多いです。ただ、月経前に便秘になっていると月経開始時に反動で下痢になることがあります。

便が長時間腸内に存在すると、身体に悪影響があります。そのため、便秘になると身体は便を外に排出しようとします。ただ、前述のように、月経前はプロゲステロンの影響で便が排出されにくくなっています。そのため、プロゲステロンの影響がなくなると、身体の防護反応によって溜まっていた便が一気に外に排出されます。

このとき、便秘になっていると、固くなった便を排出するために腸が強く収縮します。これによって腹痛が起こりやすくなり、おなかの奥にある便も排出されやすくなります。

食物から摂取した水分の多くは、大腸を通過するときに吸収されます。そのため、腸の強い収縮によっておなかの奥にある便が排出されると、水分を多く含んだままの便が出されて下痢となります。

また、月経の直前くらいから「プロスタグランジン」という物質が体内に分泌され始めます。この物質の働きによって、子宮が収縮して厚くなった子宮内膜や受精しなかった卵子が外に排出されます。

ただ、プロスタグランジンは、子宮を収縮させるとともに周辺の筋肉も収縮させます。そのため、腸の筋肉も収縮して、下痢になったり腹痛が起こったりしやすくなります。

このように、月経中にはホルモンバランスの影響で下痢が起こりやすくなるのです。ただ、プロスタグランジンは月経後期頃には分泌量が低下します。そのため、月経中の下痢は月経が終わると治まることが多いです。

月経中の下痢対策:生活習慣

月経中に下痢を起こしやすくするホルモンの分泌は、生理的なものなので抑えることができません。ただ、下痢が起こりにくい生活習慣を心がけたり、薬の服用によって月経中の下痢を抑えたりすることはできます。

身体が冷えると下痢が起こりやすくなるということは、よく知られています。また、冷えがあると、血流が悪化して月経前症候群(PMS)などが起こりやすくなります。そのため、月経前から身体を温めることが大切です。

特に月経前~初期は、腰回りの血流が悪くなりやすいです。そのため、月経中の下痢対策には、カイロや腹巻きなどで腰回りを温めることが有効です。また、冷たい飲料の常飲など、身体を冷やす生活習慣を見直すことも大切です。夏などの暑い季節でも、露出が多い服や冷房によって身体が冷えていることが多いです。

特に、下半身はもともと血流が悪くなりやすいため、冷えやすい部位です。そのため、月経中の下痢を防ぐためには、夏でも足元を露出しないことが大切です。

また、夏野菜や生の野菜・果物は身体を冷やします。そのため、寒い季節にこれらをたくさん食べることは避けるのが無難です。寒い季節は、加熱した野菜や根菜を食べるようにしましょう。