女性が冷えやすい原因:血行不良と筋肉不足

4a5e74224e7cb0f467b04ba4dfe2743d_s

季節を問わず、手足が冷えるという女性は多いです。このような慢性的に冷えを感じる体質は「冷え性」と呼ばれています。

冷え性は、西洋医学の分野では病気の扱いではありません。ただ、昔から「冷えは万病の元」といわれるように、冷えはさまざまな症状を引き起こす原因になります。

「身体が冷えると風邪を引きやすい」ということはよく知られています。実際に、体温が低下するほど、免疫力が低下することがわかっています。さらに、冷えがあると代謝が低下して、太りやすい身体になったり肌荒れが治りにくくなったりします。

そこで、ここでは冷えが起こる原因と女性の冷え対策について述べていきます。

女性に冷えが起こりやすい原因:血行不良

冷えが起こる主な原因の一つが、血行不良です。

体内の熱のほとんどは、筋肉や内臓が作り出しています。手先や足先などの末端組織は、それ以外の組織に比べて筋肉の量が少ないです。そのため、末端の組織は、熱を帯びた血液が運ばれることによって温められます。

このとき、血行が悪いと、末端の組織に運ばれるまでに血液が冷えるため、手先や足先などが冷えやすくなります。さらに、冷やされた血液が中心部に戻ることによって、身体全体が冷えていきます。

このように、血行不良は冷えの大きな原因です。さらに、身体が冷えると血行不良が起こりやすくなります。つまり、血行が悪いと「冷えの悪循環」が起こるのです。

血行不良の原因:自律神経の乱れ

血液は、心臓の拍動によって血管に送り出されます。このような心臓の拍動を制御しているのは、「自律神経」です。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。おおまかに言うと、交感神経は活動するための神経であるのに対して、副交感神経は休むための神経です。

これらはちょうどオンとオフの関係になっており、どちらかが優位になるともう片方の働きが抑えられる仕組みになっています。

自律神経のうち交感神経が優位になると、身体は緊張状態になります。活動に有利な身体にするために、心臓の鼓動が早くなって、筋肉などの組織にたくさん血液を送ろうとします。

このとき、血管は収縮することによって効率よく筋肉などに血液を送り込もうとします。これによって、血液の勢いは高まりますが、通る道が狭いため流れる血液の量が少なくなります。

この状態が長く続くと、全身をめぐる血液の量が少なくなるため、血行が悪くなります。つまり、交感神経の優位が続くと血行が悪くなるのです。

現代人は、交感神経が優位になりやすい環境にいます。ストレスは、交感神経を優位にする大きな要因の一つです。また、コーヒーやパソコン、携帯電話などは現代人に欠かせない生活の一部となっていますが、これらから発せられる光も交感神経を優位にしやすくします。

さらに、月経前の女性はホルモンバランスの変化によって、交感神経が優位になりやすいです。

このように、現代の女性には交感神経が優位になりやすい要因が多くあり、それが原因で血行不良が起こりやすくなっているのです。

血行不良の原因:筋肉の不足

前述のように、血液は心臓の拍動によって血管に押し出されます。ただ、拍動による勢いは心臓から遠くなるにつれて弱まります。このとき、手や足の血液が心臓に戻るのを助けているのが「骨格筋」です。

骨格筋とは、腕や足などの骨格を動かす筋肉のことをいいます。

手や足などの血液は、心臓の拍動による勢いとともに、骨格筋による血管への圧力によって心臓へ戻ります。このとき、骨格筋の量が少ないと血管への圧力が弱くなるため、血液が心臓へ戻りにくくなります。つまり、筋肉量が少ないと血行が悪くなりやすいのです。

また、骨格筋は体内の熱産生の約60%を担っています。そのため、骨格筋量が少ないと熱の産生が少なくなり、身体が温まりにくくなります。

一般的に、女性は男性に比べて筋肉の量が少ないです。さらに、現代では運動する機会が減っているため、女性の筋肉量が昔に比べて減少しているといわれています。そのため、現代では冷えている女性が多いのです。

血行不良の原因:食事制限などによる栄養不足

女性は、慢性的に鉄が不足しやすいです。鉄は血液の主成分で、酸素を骨格筋などの組織に運ぶ役割があります。

これらの組織がエネルギーを作り出すためには、酸素が必要不可欠です。そのため、鉄が不足することによって全身に酸素がうまく行き渡らないと、熱の産生がうまくいかずに冷えが起こりやすくなります。

女性は、毎月月経によって鉄を失います。そのうえ、多くの女性がダイエットのために食事制限を行っています。食事制限を行うと、血液の産生に必要な成分が不足しやすく、血行が悪くなりやすいです。また、筋肉の材料になる栄養素も不足しがちになるため、熱の産生もうまく行えなくなります。

さらに、過度なダイエットによって身体に必要な体脂肪まで失われると、熱が体外に逃げやすくなることによって冷えやすくなります。

このように、食事制限によるダイエットは冷えの原因となります。前述のように、身体が冷えると太りやすい身体になります。つまり、ダイエット目的で食事制限をしても、逆効果になりかねないのです。

女性の冷え対策

これまでに述べたとおり、現代の女性は冷えの原因になる環境に囲まれています。そのため、意識してこれらを防ぐ必要があります。女性の冷えを防ぐためには、定期的な運動が何より大切です。運動することによって、筋肉量が増えて熱産生力が高まるとともに、末端の血液が中心部に戻りやすくなります。

また、身体を冷やさないように工夫することも大切です。夏などの温かい季節でも、室内は冷房などで冷えていることが多いです。そのため、夏などでも露出の高い服は避けて、上着を用意するのが賢明です。

忙しい現代人では、入浴をシャワーで済ます人が多いです。ただ、シャワーでの入浴は身体の芯まで温まらず、かえって冷えてしまうことがあります。そのため、できるだけ湯船に浸かって身体をしっかり温めることが大切です。

女性の冷え対策には、これまでに述べたような生活習慣とともに、規則正しい生活を意識することが大切です。普段から冷えづらい生活を心がけることで、健康で美しい身体を維持することができるでしょう。