女性に多い冷え症:冷えと関節痛の関係性

dc4ac93ebecb7981746383de3d67e849_s

季節を問わず冷えや寒さを感じる「冷え症」は、男性よりも女性に多いです。これは、女性の身体が男性よりも冷えやすい構造になっているためです。さらに、女性特有である月経周期によるホルモンバランスの変化も、冷え症を起こしやすい原因の一つです。

また、冷えや寒さなどの自覚症状がなくても、身体の内側が冷えているという「かくれ冷え症」も増えています。このような人は、内臓の冷えによって手足や顔がほてることが多いため、冷え症を疑わない人がほとんどです。ただ、このような身体の冷えは、風邪や関節痛などの不調を引き起こしやすくします。

一般的に、関節痛は若い人に無縁の病気であると思われています。ただ、最近では若い女性でも腰痛や膝痛などの症状を抱える人が増えています。これは、前述のような冷え症の女性が増えているためです。

そこで、ここでは冷えと関節痛の関係性について解説し、冷えによる関節痛の防止策について述べていきます。

冷えと関節痛の関係性

冷えによって起こる関節痛のほとんどが、腰と下半身に起こります。これは、もともと下半身は血行が悪くなりやすいためです。

血液は、心臓の拍動によって全身を流れます。立位のとき、これに重力による勢いが加わって下半身に血液が運ばれます。

ただ、下半身の血液が心臓に戻るときには、拍動による勢いが弱くなっています。さらに、重力による下に引っ張る力が加わるため、拍動の勢いだけで血液が心臓に戻ることは困難です。このようにして下半身に停滞した血液は、主にふくらはぎの筋肉の働きによって心臓に流れます。

歩行などによってふくらはぎに力が入ると、筋肉が膨らんで血管が圧迫されます。静脈には、血液の逆流を防ぐ弁がついています。そのため、ふくらはぎによって血管が圧迫されると、血液は上方向に流れます。

ただ、立ちっぱなしなどによってふくらはぎの筋肉が動かないと、血液が下半身に溜まりやすくなります。女性はこれに加えて、骨盤内の血管が子宮などの臓器に圧迫されやすく、下半身の血行が悪くなりやすいです。

これに加えて身体が冷えると、身体の熱を体外に逃さないように血管が収縮します。すると、血管を通れる血液の量が少なくなるため、さらに血行が悪くなります。つまり、立ちっぱなしなどの要因に身体の冷えが重なると、下半身の血行悪化が加速するということです。

下半身の血流が滞ると、血液が溜まって血管がふくらんで周りの組織を圧迫します。これが関節内で起こると、隣り合わせになった神経が圧迫されます。

神経が圧迫されると、痛みや炎症を起こす物質を生じます。これによって、関節に炎症が起こって痛みを感じるようになります。さらに、この状態が続くと、血行不良によってこの物質が関節内に留まるため、痛みが強くなっていきます。

このように、冷え症は関節痛の原因になります。そのため、関節への負担が少ないはずの若い世代にも関節痛が起こるのです。

関節痛防止のための冷え症対策

前述のように、冷えによる関節痛は、下半身の血行が悪くなることによって起こります。また、月経前や月経中は、特に下半身が冷えやすい時期です。

そのため、冷えによる関節痛を防ぐためには、下半身の血行改善を普段から行い、月経前には重点的に下半身を温めることが大切です。

前述のとおり、下半身の血液はふくらはぎの筋肉によって心臓に戻ります。そのため、下半身の血行促進には、歩行などによってふくらはぎを動かすことが大切です。このような運動を習慣的に行うと血行が良くなるだけでなく、筋肉が鍛えられて熱産生能力が高まるため、身体が温まりやすくなります。

また、つま先立ちを行うと、ふくらはぎだけではなく骨盤内の内臓を支える筋肉も鍛えられやすくなります。ふくらはぎを鍛えると骨盤周辺の血流が良くなるため、女性に起こりやすいさまざまなトラブルを防止することができます。

また、月経前や月経中は、薄着を避けて腰やおなかをカイロなどで温めることがおすすめです。これらを温めると、温まった血液が流れることによって下半身が温まりやすくなります。

冷えによって関節痛が生じたときは、下半身を湯に漬けて温めると痛みが引きやすいです。このとき、足だけを湯に漬けると全身が温められにくく、入浴後すぐに冷えて再び痛みが発生することがあるため、おすすめできません。

仕事中などの、入浴が不可能なときに痛みが発生したときは、足首を動かし続けることで血行が良くなり、痛みが治まりやすくなります。

身体の冷えは、関節痛だけではなくさまざまな不調の原因となります。現代の人は、忙しさに追われて身体のケアを怠りがちです。ただ、体調不良は効率を下げるため、忙しさが増して悪循環に陥ります。

自分をケアする時間を持って健康を保つことが、結果として効率アップによる時間短縮につながります。そして、これまでに述べたような習慣を身につけて冷え症を改善することが、その第一歩になるはずです。