重症月経痛の原因:プロスタグランジンの過剰分泌と血流悪化

9d0de3565dfeaa17976bd2dd0f468167_s

月経には、不快な症状を伴うことが多いです。月経を経験した女性のほとんどが、月経中に下腹部の痛みを感じたことがあるといわれています。

このような月経中に起こる痛みのことを、月経痛といいます。月経痛には、下腹部痛だけではなく、月経によって起こる頭痛や腰痛、関節痛なども含まれます。ただ、一般的にいう「生理痛」は月経による下腹部の痛みを指すことが多いです。

現在、月経痛(生理痛)が起こりやすくなる生活習慣が一般的になっているため、重い月経痛に悩む女性は年々増えています。月経がある女性の約3割が、薬が手放せないほどの重い月経痛に悩んでいるといわれています。そこで、ここでは月経痛が重くなる原因と対策について述べていきます。

月経痛(生理痛)が起こるメカニズム

月経とは、妊娠のために厚くなった子宮内膜や受精しなかった卵子が体外に排出されることをいいます。また、月経によって体外に排出される「子宮の内容物」のことを経血(けいけつ)といいます。

経血の排出は、「プロスタグランジン」によって起こります。月経中に分泌されるプロスタグランジンには、子宮を収縮させて経血を体外へ排出させる働きがあります。また、プロスタグランジンには痛みを感じやすくする作用もあります。

月経痛は、このようなプロスタグランジンの作用によって起こります。

重症な月経痛(生理痛)の原因:血流の悪化

女性の骨盤内は、直腸や膀胱、子宮など多くの組織がすし詰め状態になっています。また、月経前には子宮内膜が厚くなることによって、子宮が大きくなります。そのため、月経前から月経前半は、大きくなった子宮が血管を圧迫して血流が悪化しやすいです。

また、月経中に分泌されるプロスタグランジンには血管を収縮させる作用もあります。血管が収縮すると、通れる血液の量が減るため血流が悪化します。

血流が悪くなると、分泌されたプロスタグランジンが骨盤内に長くとどまるため、過剰気味になります。

前述のように、プロスタグランジンは月経痛を起こす原因です。そのため、プロスタグランジンが過剰になると月経痛が重くなります。

また、血行が悪くなっていると子宮が収縮しにくくなり、経血が体外に排出されにくいです。すると、身体は経血を体外に排出するためにより多くのプロスタグランジンを分泌します。そのため、体内のプロスタグランジンが過剰になり、月経痛が重くなります。

重症な月経痛(生理痛)の原因:子宮が未熟

若い女性や、未出産の女性は月経痛が重い傾向にあります。これは、子宮の発達が未熟なことによって子宮口が狭かったり固かったりして、経血が排出されにくいためです。

前述のように、経血がうまく排出されないとプロスタグランジンの分泌量が多くなって月経痛が重くなりやすいです。

重症な月経痛(生理痛)の対策:血流改善

前述のとおり、血流が悪化すると月経痛が重くなりやすいです。そのため、血流を悪化させる「冷え」は、重い月経痛の原因となります。

現代では、オフィスでの仕事などによって運動する機会が減っているため、身体が冷えている女性が多いです。また、冷たい飲料の常飲やシャワーによる入浴、カフェインの過剰摂取なども冷えの原因となります。

そのため、月経痛を重症化させないためには、これらの冷えの原因を日常的に避けて身体を温めることが大切です。

首や手首、足首は、太い血管が皮膚表面にあるため、熱が逃げやすい部分です。また、下半身は血流が悪くなりやすいため、冷えることが多いです。そのため、これらを保温することで冷えを防止して、月経痛を軽くすることができます。特に、下腹部や腰をカイロなどで温めると、骨盤内の血流が改善されて月経痛が緩和することが多いです。

また、慢性的で強いストレスは、身体を過剰に緊張状態にして血流を悪化させます。ただ、月経前や月経中はストレスを感じやすくなっている上、ストレスの原因はすぐに排除できないことが多いです。

そのため、重症な月経痛を回避するためには、入浴後のストレッチを日常的に行ったり好きな音楽を聞く時間を設けたりなど、身体を意識してリラックスさせることが大切です。