女性ホルモンは睡眠に大きな影響を与える

cc6cb8d6e23efb5deb4231271e4aa88a_s

女性ホルモンは身体にさまざまな影響を与えます。月経周期や更年期障害などはその代表例です。実はこの女性ホルモンが、不眠と関係していることを知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回は女性ホルモンと睡眠の関係性について解説します。

月経周期

月経周期は、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンによって作られます。月経開始1週間後からエストロゲンの分泌が増え始め、そのピークを過ぎると排卵が起こります。

排卵後はプロゲステロンの分泌が増え、月経開始後28日程度でこの2つのホルモンの分泌は急激に減少し、次の月経出血が始まります。この2つのホルモンが、それぞれ睡眠に強く影響を与えています。

そのメカニズムは、眠っている時間帯(睡眠相)を変えることにあります。エストロゲンは睡眠相を前進させ、プロゲステロンは後退させます。

つまり、前者の分泌が多い月経から排卵までは早寝早起きになり、後者の分泌が多い排卵後は遅寝遅起きになりやすいということです。

また、プロゲステロンは基礎体温を上昇させる作用もあります。

眠気を誘発する一つの要因に深部体温の低下があります。体温は夕方に向けて上昇し、朝方に向けて下降します。このとき、体温が上昇から下降に変わる時間帯に眠気が起こります。

そのため、プロゲステロンにより基礎体温が上昇していると、体温の低下の幅が小さくなり、眠気が生じにくくなってしまうのです。以上のことから、月経が近づくにつれて寝つきは悪く、睡眠も浅くなってしまいます。一般的に有名な月経前症候群(PMS)も、このプロゲステロンの影響によるものとされています。

更年期障害

女性は40歳を過ぎると徐々に卵巣が退化します。そのため、エストロゲンの分泌が低下し、月経周期がなくなります。閉経後はさらにエストロゲンの分泌が減少します。

エストロゲンの分泌が低下しはじめるときからの約10年を「更年期」といいます。この時期はほてりやのぼせ、発汗などの自律神経症状をはじめ、頭痛などの身体症状、不安や憂うつ、不眠などの精神症状が現れます。

加齢による不眠は男女ともに起こりますが、女性はとくに更年期を迎えると不眠になる人が増えます。これは、イライラなどの精神的なもので寝つきが悪くなり、さらにほてりや発汗などの自律神経症状で夜中に目が覚めてしまうことによって起こります。

基本的に、更年期障害はホルモンの急激な減少によって生じるとされています。そのため、治療にはホルモン補充療法が行われます。この治療によって不眠まで解消する人が多いです。ちなみにこのホルモン補充療法は、心臓病や脳卒中などのリスクがあるので注意が必要です。

以上のように、女性はホルモンの影響で生理的に不眠になりやすくなっています。その上、現代社会では夜勤やストレスなどで不眠を助長していることが多いです。そこでまずは、普段から睡眠を妨げるような生活習慣だけでも避けるようにすることが大切です。