女性の貧血:鉄不足によって起こる不定愁訴

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

だるさやイライラ、頭が重いなど、原因不明な症状の経験がある人は少なくありません。このような主観的な症状を「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といいます。不定愁訴は多岐に渡り、男性よりも女性のほうが患者数が多いといわれています。

不定愁訴は、医療機関によって検査をしても原因が特定できない症状を指します。そのため、改善方法がわからずにつらい症状を抱えたまま生活する人は多いです。

ただ、体内に鉄が不足していると、このような不定愁訴が起こりやすくなります。また、現代の女性は慢性的に鉄が不足している人が多いといわれています。そこで、ここでは鉄不足による不定愁訴の関係性と、女性が鉄不足になる原因について述べていきます。

鉄が持つさまざまな働き

人体には、成人で約3~4gの鉄が含まれています。そのうちの約70%が血液中に、約4%が筋肉に存在しています。これらの多くが、「機能鉄」という酸素を運搬する働きのある鉄です。

機能鉄は、全身に酸素を運んだり筋肉に酸素をとり込んだりしています。そのため、機能鉄が減ると酸素運搬がうまくいかず、さまざまな組織の働きが低下します。特に、脳に酸素が送り込まれないと死に至る危険性があります。

そのため、このような事態を防ぐために肝臓や膵臓、小腸粘膜などが鉄を蓄えています。このような鉄を「貯蔵鉄」といいます。血液中の機能鉄が減ると、貯蔵鉄が分解されて血液中へ送り込まれ、機能鉄となります。この働きによって、多少の鉄不足では生命の危機に陥ることがないのです。

この他にも、鉄はさまざまな酵素に含まれており、人体のエネルギー代謝や解毒作用に深く関わっています。また、神経伝達物質の生成にも関与しています。このように、鉄にはさまざまな働きがあります。

不定愁訴の原因:隠れ貧血

不定愁訴には、さまざまな症状があります。また、前述のように、鉄は人体において多くの働きを担っています。そのため、鉄不足によって起こる不調もさまざまです。実は、このような不調の多くが不定愁訴の症状と重なっているのです。

ただ、鉄不足が原因で不定愁訴が起こっていても、病院で「貧血」と診断されないことが多いため、不定愁訴の原因が鉄不足であるという自覚がある人は少ないです。

通常、鉄欠乏性貧血は血液中の「ヘモグロビン」の量で診断されます。女性の場合、ヘモグロビンの値が12~16g/dlが基準値とされています。ただ、ヘモグロビンは酸素を運搬する働きのある「機能鉄」です。

前述のように、機能鉄は貯蔵鉄によって補充されます。そのため、検査によってヘモグロビンの値が基準値以内でも、体内では鉄が不足していることがあります。

鉄欠乏性貧血で、めまいや立ちくらみなどの症状が起こることは有名です。ただ、貯蔵鉄が減り始めた段階からこのような症状が起こりやすくなります。病院で「貧血」と診断されなくても、鉄不足によるさまざまな症状が起こるのです。

さらに、貯蔵鉄が不足している状態は「貧血予備軍」です。この状態で月経や怪我などによって出血すると、機能鉄まで不足して「鉄欠乏性貧血」になりやすくなります。

鉄欠乏性貧血になると、それまでに起こっていためまいなどの症状が悪化しやすくなり、日常生活が困難になります。

貯蔵鉄の量は、血液中の「フェリチン」の値によって検査することができます。ただ、もともと日本人女性は鉄が不足しているため、基準値が有効でないことが多いといわれています。そのため、検査の数値だけではなく、鉄不足による症状が起こっていないか自分の身体と向き合うことが大切です。

現代女性が鉄不足になりやすい原因

女性は、慢性的に鉄が不足しやすいです。月経では毎月30mgの鉄が失われるといわれています。通常の食事によって得られる鉄は約1mgです。また、人体では毎日1mg程度の鉄が排泄されています。

実際には、体内の鉄量によって吸収率が変わるので、食事による鉄の摂取量については一概には言うことはできません。ただ、通常の食事で月経によって失われる鉄分まで補充することは困難といえます。また、若い女性はダイエットのために食事制限を行うことが多いです。このような食事制限では、脂質を多く含む食肉が避けられがちです。

野菜や卵に含まれる鉄は「非ヘム鉄」と呼ばれ、吸収率が高くありません。一方で、肉や魚などに含まれる鉄は「ヘム鉄」と呼ばれ、吸収率が高いです。さらに、食肉には鉄の吸収を高める成分が含まれています。そのため、食事制限によって食肉を制限すると、鉄を十分に摂取できないことが多いです。

また、コーヒーやお茶には鉄の吸収を阻害する成分が含まれています。緑茶は日本人が古くから愛飲している飲料であり、眠気覚ましのためにコーヒーを常飲する人も多いです。

ただ、これらの常飲は鉄不足の原因となり、不定愁訴を起こりやすくします。そのため、これらの嗜好品を過剰に飲むことを避けて、食後30分間は飲まないことが賢明です。

また、最近では鉄鍋の使用率が下がっていることが原因で、食品に含まれる鉄の量が低下しているというデータがあります。

例えば、かつてひじきは「鉄含有量が多い食品」として有名でした。ただ、2015年に公表された日本食品標準成分表では、ひじきが含有する鉄の量がそれまでの10分の1程度になりました。

昔は、ひじきを加工する際に鉄鍋を使用することが一般的でした。ただ、現在ではステンレス製の釜による加工がほとんどです。そして、2015年の再検査によって、ステンレス釜によって加工されたひじきは、鉄鍋によるものに比べて鉄含有量が少ないことが判明しました。つまり、昔のひじきが含む鉄の多くが鉄鍋由来だったのです。

現在では、加工業者だけではなく一般の家庭でも鉄鍋が使われなくなっています。そのため、知らないうちに現代人の鉄摂取量は低下しています。

現代では、女性の2人に1人が不定愁訴を抱えているといわれています。ただ、ここまで述べたとおり、これらの症状は鉄の不足によって起こることがあります。そのため、生活習慣を見直して鉄の不足を防ぐことによって、不定愁訴が改善する可能性があります。不定愁訴がある人は、「持病」と諦めずに、生活習慣を正してみることをおすすめします。