NaSSAの効果と副作用:うつ病の治療薬

9b17ece134d6890010172fc78c74e8ce_s

うつ病は気分が落ち込んだり、頭痛がしたりする病気です。治療せずにいると、自殺や事故で命を落とす危険性がある重大な病気です。

うつ病は脳内のセロトニンやノルアドレナリンといった物質の機能が低下することでおきます。ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)はノルアドレナリンとセロトニンの量を増やすことで、セロトニンとノルアドレナリンの機能を高めます。その結果、うつ病の症状を改善します。

実際に使用されている薬はレメロン、リフレックス(一般名ミルタザピン)などです。レメロンとリフレックスは販売会社が違うだけで同じお薬です。

NaSSAの即効性

セロトニン選択的再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン選択的再取り込み阻害薬(SNRI)は、一度神経から分泌されたセロトニンやノルアドレナリンを、再び神経に回収されないようにします。その結果、セロトニンとノルアドレナリンの量を維持し、これらの物質の機能を高めます。

これらの薬では、徐々にこれらの物質の量が増えてくるので、効果が出るまでに時間がかかります。一方、NaSSAは神経から分泌される絶対量を増やすことで、セロトニンやノルアドレナリンによる情報伝達の機能を高めます。

つまり、薬を飲んでからこれらの物質の量がすぐに増えるので、効果が出るまでの時間が早いのです。早い場合は薬を飲んだ数日後から、遅くとも1週間で効果が出ると言われています。

NaSSAのセロトニン選択性

NaSSAのもう一つの特徴はセロトニンに対する選択性です。セロトニンが効果を発揮するためには、セロトニン受容体と結合する必要があります。受容体とは、物質がくっつくことで効果を発揮するスイッチのような物と考えて下さい。

セロトニンにはこのようなスイッチが4つあります。どのスイッチとセロトニンがくっつくかによって発揮する効果が違います。これらはそれぞれ、「うつ病」、「性機能」、「不眠」、「消化器」に関するスイッチです。

NaSSAはうつ病以外のスイッチ(受容体)にセロトニンが結合しにくくする作用があります。そのため、うつ病に対するセロトニンの効果だけを選択的に引き出すことができるのです。つまり、効果が非常に強い薬といえます。

一方で、副作用も強い薬です。特に眠気と体重増加の副作用が問題になることが多いです。

NaSSAの睡眠作用

セロトニンは「不眠」のスイッチに作用することで、目を覚ます作用があります。一方、NaSSAは不眠のスイッチをふさいでしまうので、睡眠を誘導する作用があります。

薬を飲むと眠気が誘発されるので、日中には服用せずに寝る前に飲む薬です。ただ、うつ病で不眠の症状を訴える患者さんはとても多いです。そのため、NaSSAは不眠で悩むうつ病患者さんに適した薬と言えます。

NaSSAの体重増加の副作用

NaSSAを飲むと食欲がでて、体重が増えることがあります。この副作用はSSRIの一つであるパキシル(一般名パロキセチン)でも起こる可能性があります。女性や体重増加を気にする人には向いていない薬です。

ただし、食欲増進作用があるので、うつ病で食欲が低下している人には適した薬と言えます。

NaSSAと他の抗うつ薬との併用

NaSSAは構造の分類でいうと三環系抗うつ薬に分類されます。しかし、作用する点や発生する副作用が今までの三環系抗うつ薬と違うため、別の薬として扱われます。そのため、SSRIやSNRIなどの安全性の高い再取り込み阻害薬と一緒に使われることもあります。

一緒に使うことで、NaSSAがセロトニンやノルアドレナリンの分泌量を増やし、SSRIやSNRIがこれらの物質を回収されないように維持します。そうすることで、非常に強いうつ病の改善効果が期待できるのです。