サムイー(SAMe)とうつ病:抗うつ系のサプリメント

4f3f993efa8f989caae2698769e10524_s

サムイー(SAMe)はS-アデノシル-メチオニンというアミノ酸の一種です。S-adenosylmethionineをSAMeと略して、サムイーやサミーと呼びます。サムイーは体の中に広く分布するアミノ酸で、アミノ酸の一種であるメチオニンを体の中で変換して作られます。

メチオニンは必須アミノ酸であり、体の中で作ることができないアミノ酸です。そのため、食事によって摂取する必要があります。メチオニンが最も多いのは魚介類で、肉類や乳製品にも多く含まれています。

サムイーの研究は昔から行われており、うつ病や関節炎、関節リウマチに効果があると言われています。また、アルコールや薬によって起こる肝障害や線維筋痛症の改善効果も期待できることで注目されています。

サムイーは体の中で肝臓や脳などの多く含まれています。そのため、肝機能障害やうつ病に効果があるのではないかと推測されます。また、ホルモンやDNAの合成にも使われています。

なお、サムイーはお酒を作る際の酵母にも含まれています。そのように比較的安全性の高い物質であるため、サムイーを含んだ酵母をカプセルに入れて、サプリメントとして利用されています。

サムイーのうつ病に対する作用機序

うつ病の患者さんでは、脳の中のセロトニンやドパミン、ノルアドレナリンの機能の低下が起こっています。

そして、サムイーは脳の中に多く存在しています。また、脳内のセロトニン代謝へ影響を与え、ドパミン、ノルエピネフリンの濃度へ作用することが基礎研究で分かっています。そのため、うつ病の症状を改善すると考えられます。しかし、細かいメカニズムについては不明な点が多く、追加の基礎研究がすすめられています。

サムイ―のうつ病に対する効果

サムイ―によるうつ病への効果は昔から研究されてきました。そして、数多くの臨床試験(人に対する研究)の結果で、サムイ―がうつ病を改善することが分かっています。三環系抗うつ薬と比較した試験では、同等かそれ以上の効果があることが示されました。

ただし、抗うつ薬と併用した場合に効果があるかどうかは分かっていません。例えば、抗うつ薬であるセロトニン再とり込み阻害薬(SSRI)とサムイーを用いて、うつ病患者さんに対して臨床試験が行われました。その結果、SSRIとサムイ―を併用した場合、評価項目1項目で改善が見られましたが、残りの6項目に関しては影響がありませんでした。

このとき実施されている試験については、参加している人数やサムイーを飲む期間が短いという点が指摘されています。また、抗うつ薬の併用で効果があるのかについても不明であるため、さらなる試験が行われることが期待されます。

しかし、多くの臨床試験の結果から、サムイーはうつ病に対する効果が認められていることから、飲んでみる価値のある成分だといえます。

サムイーの飲み方

うつ病に対して行った臨床試験では、1日あたり400~1600mgで効果が認められています。実際の臨床試験では、1日あたり1600mgで飲まれていることが多いです。

ただし、1日1600mgを飲むと胃が痛くなったり、下痢になったりする可能性が高いとの報告もあるため、400mgから服用するのがおすすめです。このとき、飲む回数は1日3回に分けて摂取されています。また、即効性はないので、効果が出るまで6週間は飲み続ける必要があります。

サムイーの副作用

臨床試験では腹部膨満感、下痢、便秘などの消化器症状、頭痛、軽度の不眠、めまいなど症状が報告されています。一方で、今まで実施された基礎研究、臨床試験において重大な健康被害や副作用は報告されていません。

また、2000人以上を対象にした臨床試験では、2年間服用しても安全性について問題はないと結論付けられています。一方で、1600mgを超えて服用すると胃腸障害が多くなるとの報告があるため、少量から飲み始めたほうが良いでしょう。

授乳中の摂取については、安全性に関するデータがありません。サムイーはアミノ酸の一種ではありますが、体内で一定量作られています。つまり、体の中の量はほぼ一定に保たれています。サプリメントで過剰に摂取した場合、母乳に移行し、乳児の体に影響を与える可能性があります。安全性を考慮すると、授乳中の方はできるだけ飲まないほうが良いでしょう。

妊娠中の使用については検討がされています。まず、妊娠第三期(妊娠28週以降)に短期間、静脈内注射で用いた場合、胎児に影響は無かったとされています。

ただし、高用量(1600mg以上)を長期間(20日以上)使用したり、妊娠第三期以前で用いたりしたときの安全性に関するデータはありません。そのため、どうしても必要な場合以外は、避けた方が懸命だといえます。

飲み合わせで注意する薬

サムイーとの飲み合わせが問題となる医薬品は、いまのところ報告されていません。同時に飲んでも、薬の効果に影響をあたえることはほとんど無いといえます。

もし、飲み合わせに関して気になる人がいれば、次のような薬に注意すると良いと思います。理論的にはサムイーが効果に影響を与える可能性がある薬です。

まず、他の抗うつ薬です。サムイーとの併用で、発熱、けいれんなどのセロトニン症候群を引き起こす可能性があります。他にも咳止めやオピオイド系鎮痛薬、パーキンソン病治療薬にも影響を与えることがあります。

このように、サムイーはうつ病を改善する可能性があります。用法や用量を守って6週間以上飲めば、副作用をなるべく抑えて、効果を実感することができると考えられます。ただし、妊娠中や授乳中、抗うつ薬服用中など、状況によっては安全性や有効性が担保されない可能性があります。