三環系抗うつ薬の効果と副作用:うつ病の治療薬

9b97811a045d8e1a63d335d86e7967c2_s

うつ病は、気分や意欲が落ち込んだり、頭痛や不眠の症状が現れたりする病気です。また、重症になると自殺や事故などで命を落としてしまう可能性がある病気です。

うつ病は、脳の中のセロトニンやノルアドレナリンの機能が低下していることで起こります。セロトニンやノルアドレナリンは、神経回路の情報伝達を担う物質です。これらの物質は脳の中で意欲や心のバランスを調整する働きをします。

三環系抗うつ薬は、脳の中のノルアドレナリンやセロトニンの量を増やすことで、うつ病を改善します。具体的には、気分の落ち込みやイライラ、焦りなどの気持ちを落ち着かせます。他にも、睡眠や食欲、集中力、意欲、他人に対する興味、悲観的な考え方などを改善する可能性があります。

三環系抗うつ薬の特徴

三環系抗うつ薬は3つの環状の構造でできていることが名前の由来です。抗うつ薬の中で最もはじめに開発された薬です。

三環系抗うつ薬の第一の特徴は、効果が発現するまでに時間がかかる点です。効果が表れるまでに、だいたい2~4週間の期間が必要だと言われています。その間に、思考力や集中力の低下を起こす場合があります。

言い換えると、飲み始めは効果が感じられない、あるいは悪化する場合はあるが、2~4週間経つと徐々に改善が見られてくる薬ということです。

同じ三環系抗うつ薬でもセロトニンかノルアドレナリンのどちらを改善する効果が強いかは、それぞれの薬でバランスが異なります。一方で、うつ病患者さんの脳内でセロトニンとノルアドレナリンのどちらの機能が低下しているかは、個人の状態でバラバラです。つまり、自分の脳の状態に最もあう薬を飲むことができれば、症状を劇的に改善してくれる場合があります。

実際に使用されている三環系抗うつ薬は以下のような薬です。

ノルアドレナリン系>セロトニン系
・アモキサン(一般名:アモキサピン)
・ノリトレン(一般名:ノルトリプチリン)

セロトニン系>ノルアドレナリン系
・アナフラニール(一般名:クロミプラミン)
・アンプリット(一般名:ロフェプラミン)
・イミダゾール、トフラニール(一般名:イミプラミン)
・スルモンチール(一般名:トリミプラミン)
・トリプタノール(一般名:アミトリプチリン)
・プロチアデン(一般名:ドスレピン)

作用部位が多い三環系抗うつ薬

第二の特徴は作用する部位が多いという点です。これは、期待していない効果、つまり副作用が多く表れる可能性があるということを意味しています。

例えば、眠気や不眠、振戦(手足の細かいふるえ)などの脳に関する副作用を起こす場合があります。また、頻脈や起立性低血圧などの心臓に関する副作用が起きる可能性もあります。

さらに、おしっこが出にくい、便秘、口が渇く、眼圧が上がるなどの症状が出る場合もあります。これらは全身のノルアドレナリン、アセチルコリン、ヒスタミンといった物質に三環系抗うつ薬が影響を与えることで起きます。

上記の副作用は発生頻度が高く、薬を飲んでいる限り起こる可能性のある副作用です。また、薬の量を増やすと副作用の症状が強くなります。我慢できない、あるいは他の病気を引き起こす可能性がある場合は対策が必要です。

副作用対策としては、薬の量を減らすか緩和な薬に変更する方法があります。ただ、うつ症状対して効果があり、続けたい場合には、起きた症状に対して薬を追加する方法もあります。

また、悪性症候群という重大な副作用を引き起こす可能性もあります。悪性症候群とは急激な発熱、意識障害、振戦、頻脈、呼吸不全などの症状が起きる命に関わる病気です。ほとんどの場合、薬の飲み始めや飲む量を変更したとき、中止時の1週間以内に起きます。初期症状は発熱・発汗、身体の震え、血圧の激しい変動であるため、これらの症状に注意する必要があります。

このように三環系抗うつ薬は効果が出るまでに2~4週間必要な薬です。また、飲み始め、薬の量を変更したとき、中止後の1週間は重大な副作用が出る可能性があるので、注意する必要があります。さらに、飲んでいる間にさまざまな副作用が起きる可能性があります。変わった症状が出た場合は、医師、薬剤師などの専門家に相談することが重要です。