セロトニン・ノルアドレナリン選択的再取り込み阻害薬(SNRI)の効果と副作用

49dd0e8f1c2af98ea263e3628d42e0e4_s

うつ病は気分の落ち込みや不安感、不眠などの症状が起きる病気です。また、頭痛、全身の痛み、倦怠感などの身体の症状が起きる場合もあります。うつ病になったことがきっかけで自殺することもあるため、命にかかわる注意すべき病気です。

うつ病は、脳の中にあるセロトニン、ノルアドレナリンと呼ばれる物質の機能が低下することで起こります。セロトニンやノルアドレナリンは神経伝達物質として働きます。神経伝達物質とは、神経から神経に情報を伝える際に使用される物質のことです。

セロトニン・ノルアドレナリン選択的再取り込み阻害薬の作用機序

まず、セロトニンやノルアドレナリンがどのように神経と神経の間で情報を伝えるか説明します。神経に電気信号として情報が流れてくると、このときの電気信号が刺激となって、神経の末端からセロトニンやノルアドレナリンが放出されます。

放出されたセロトニンやノルアドレナリンは他の神経に作用して、電気刺激を起こします。すると、電気刺激がきっかけとなり、神経に情報が伝わるのです。

一方で、放出されたセロトニンやノルアドレナリンの一部は神経の間にとり残されます。そこで、これらの物質を再利用するために、放出された神経に取り込まれます。この再取り込みのことを、セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みと呼びます。

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)は、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。すると、情報伝達に利用できるセロトニンやノルアドレナリンの量が増えます。その結果、セロトニンとノルアドレナリンの機能が高まります。つまり、セロトニンとノルアドレナリンの量を増やすことで、うつ病の症状を改善するのです。

depression-a1

SNRIの特徴:即効性

SNRIの最大の特徴は、効果が出るまでが速いことです。1週間を目安に効果を感じることが多いと言われています。三環系抗うつ薬、セロトニン選択的再取り込み阻害薬(SSRI)は効果が出るまでに2~6週間かかるので、これらの薬剤に比べるとかなり速いことがわかります。また、比較的早く効果が出る四環系抗うつ薬よりも、さらに効果が出るのが速いと言われています。

実際に使用されているSNRIは以下のような薬です。

・サインバルタ(一般名:デュロキセチン)
・トレドミン(一般名:ミルナシプラン)

痛みを抑えるサインバルタ

SNRIの一つであるサインバルタはうつ病の薬でありながら、痛みを抑える効果もあります。例えば糖尿病では、末梢(手や足など体の各部位)の血流が悪くなり、手足に痛みを起こすことがあります。

また、線維筋痛症は非常に激しい全身の痛みを伴う病気です。サインバルタは糖尿病に伴う痛みや線維筋痛症に伴う痛みを改善する薬としても使われているのです。

うつ病では、気分が落ち込むだけでなく、全身の痛みや関節痛が起こる場合もあります。アメリカでは、サインバルタを変形性関節症や慢性腰痛、慢性筋骨格疼痛の薬として使用しています。つまり、サインバルタはうつ病によって起こる痛みも改善してくれる可能性があるのです。

ただし、サインバルタは頭痛の副作用を引き起こす場合があるので、頭痛には注意する必要があります。

SNRIの副作用:副作用の起こるタイミング

SNRIは三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬、SSRIに比べて副作用が少ないと言われています。そのため、うつ病の薬としてはじめに病院から出される薬の1つです。

副作用に注意すべきタイミングは他のうつ病の薬と同じです。薬の飲み始め、薬の量を増やしたとき、薬をやめるときに副作用が起きやすいと言われています。

薬を飲み始めたり、薬の量を増やしたりすると、不安、焦燥、不眠、興奮などが表れることがあります。この副作用のことをアクチベーションと呼びます。特に、薬を飲み始めたり、飲む量を増やしたりしてから、2週間以内に起こりやすいと言われています。

これら副作用の出現を抑える対策としては、薬の量を少量から開始することが必要です。少ない量を一定期間飲むことで、薬を身体に慣らすことができます。そして、副作用を確認しながら、しっかりと効果を感じられる量まで徐々に薬の量を増やすのです。

また、SSRIと同様で、吐気や胃のムカつき、嘔吐などの症状が起きることがあります。薬の飲み始め、もしくは量を増やしてから1~2週間で起こる場合が多いです。ほとんどの場合、1ヶ月ほど薬を飲むと、自然と落ち着いてきます。症状が激しい場合は、胃腸運動改善薬を一緒に飲むことも一つの方法です。

なお、薬を中止した後にめまい、頭痛、不安、嘔吐、吐気、不眠などの症状が起きることがあります。この副作用のことを中止後症状(症候群)と呼びます。ほとんどの場合、薬を中止してから7~10日以内に起こります。

中止後症状を起きにくくするには、徐々に飲む量を減らしていくことが必要です。急にやめてしまうと起きる可能性が高くなります。

うつ病の治療薬を飲む期間

うつ病の薬は症状が良くなったからと言って、すぐに飲むのをやめるべきではありません。気分が落ち着いても、そこから4~12ヶ月は薬を飲み続けることが勧められています。なぜなら、この時期が一番再発しやすい時期だからです。

薬を4~12ヶ月飲み続けて、再発する兆候がなく、気分が落ち着いているか確認する必要があります。その後、2~3ヶ月かけてゆっくりと薬の量を減らしていき、治療を終えることが重要です。