セロトニン選択的再取り込み阻害薬(SSRI)の効果と副作用

c87417383911b67121a9287888a2e7eb_s

うつ病になるとイライラや焦り、頭痛、不眠などの症状が表れます。うつ病は治療せずにいると、自殺の引き金になることもある命にかかわる病気です。

うつ病は、脳の中にある「セロトニン」と呼ばれる物質の機能が低下することでおこります。セロトニンは神経伝達物質の一つです。神経伝達物質とは、神経から神経に情報を伝える際に使用される物質のことです。

セロトニン選択的再取り込み阻害薬の作用機序

ここで、セロトニンを使った神経の情報伝達のメカニズムについて説明します。神経と神経の間にはシナプス間隙と呼ばれる空間があります。神経に電気信号として情報が流れてくると、このときの電気信号が刺激となって、神経の末端からセロトニンが放出されます。

放出されたセロトニンは、もう一方の神経にあるセロトニン受容体にくっつきます。受容体とは、物質が機能するためのスイッチだと思って下さい。受容体にセロトニンがくっつくと、神経に電気刺激がおこり、電気信号として情報が伝わっていきます。

一方で、シナプスの間に取り残されたセロトニンは、放出された神経に取り込まれて、再利用されることになります。この再取り込みのことを、セロトニンの再取り込みと呼びます。

セロトニン選択的再取り込み阻害薬(SSRI)は、セロトニンの再取り込みを阻害します。すると、シナプス間隙にあるセロトニンの量が増えます。その結果、セロトニンの機能が高まります。つまり、セロトニンの量を増やすことで、うつ病の症状を改善するのです。

depression-a

SSRIの特徴

SSRIの特徴は、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬に比べて副作用が少ないことです。副作用が少ない理由は、作用する物質がセロトニンだけだからです。三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬は、セロトニン以外の多くの神経伝達物質に作用します。

SSRIは三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬に比べて便秘、口のかわき、眼圧上昇などの副作用が非常に少ないです。また、起立性低血圧や頻脈などの心臓に関する副作用や眠気の副作用も比較的起きにくいです。

つまり、SSRIは三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬に比べて安全な薬だと言えます。そのため、高齢者にも使いやすい薬です。また、病院でうつ病と診断されたときに、よく処方される薬でもあります。

実際に使用されているSSRIは以下のような薬です。

・デプロメール、ルボックス(一般名:フルボキサミン)
・パキシル(一般名:パロキセチン)
・セルトラリン(一般名:ジェイゾロフト)
・レクサプロ(一般名:エスタロプラム)

SSRIの副作用

三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬に比べて副作用は少ないですが、SSRIでも副作用は起きます。
SSRIが引き起こす重大な副作用としてセロトニン症候群があります。セロトニン症候群は、薬を飲み始めて数時間以内に症状が表れることが多いです。

ただ、服薬を中止するとほとんどの場合 24時間以内に症状は消えます。気分が落ち着かなくなる、体が震える、発汗、脈が早くなるなどが初期症状なので、これらの症状には注意が必要です。

他にも胃のもたれやムカツキ、性機能障害(勃起・射精不全)などの副作用が起きる可能性があります。悪心の予防として胃腸運動促進薬を一緒に飲むこともあります。これらの副作用は薬を飲んでいる限り続く可能性があります。

SSRIの服用期間

SSRIの効果が出現する期間は、三環系抗うつ薬よりも少し早いです。しかしながら、効果が表れるまで飲み始めてから4~6週間はかかると言われています。また、症状が回復しても約4ヶ月は飲み続けることが勧められています。これは、うつ病の再発を予防するためです。

抗うつ薬の副作用:アクチベーションと中止後症状(症候群)

抗うつ薬の飲み始めや、増量、薬を中止した後に副作用が起こることがあります。

薬の飲み始めや薬の量を増やしたときに起こる副作用をアクチベーションと呼びます。不安、焦燥、不眠、興奮などが初期症状なので、これらの症状に注意する必要があります。特に、飲み始めたり、飲む量を増やしたりしてから、2週間以内に起こりやすいと言われています。

一方、薬を中止した後に起こる副作用を中止後症状(症候群)と呼びます。めまい、頭痛、不安、嘔吐、吐気、不眠などの症状に注意する必要があります。ほとんどの場合、薬を中止してから7日~10日以内に起こると言われています。

アクチベーションや中止後症状(症候群)はSSRIによる副作用として問題視され、報告が多く見られるようになりました。ただ、すべての抗うつ薬で起こりうる副作用なので、SSRI以外の薬を飲む際も注意が必要です。