セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)とうつ病

57af72bd1f81dc2d90bb43ae3e19c7dc_s

セント・ジョーンズ・ワート(和名:セイヨウオトギリソウ)は、うつ病に効果があるハーブとして知られています。セント・ジョーンズ・ワートはヨーロッパ原産のアジア・北アフリカに分布する多年草です。葉を加工してハーブティーとして飲まれたり、油分を抽出して化粧品やリラクゼーションオイルとして使われたりしています。

また、ドイツでは抽出物を医薬品として活用しており、軽症から中等症のうつ病に使用されています。日本では健康食品として販売されています。

セント・ジョーンズ・ワートのうつ病に対する効果

セント・ジョーンズ・ワートでは、軽度から中等度のうつ病に対する効果が臨床試験(人に対する効果を検証した試験)で実証されています。

ある臨床試験では、抗うつ薬(三環系抗うつ薬やセロトニン選択的再取り込み阻害薬)とセント・ジョーンズ・ワートをうつ病患者さんに飲んでもらい、比較した試験が行われました。

その結果、抗うつ薬と同程度にうつ病の症状を改善することが示されました。一方で、ある臨床試験ではセント・ジョーンズ・ワートのうつ病に対する有効性へ疑問が投げかけられていますが、多くの臨床試験ではうつ病に対して有効であると示されています。

一方、重症のうつ病に対しては効果がないことも臨床試験で分かっています。このため、セント・ジョーンズ・ワートは軽度から中等度のうつ病に有効だといえます。

セント・ジョーンズ・ワートの作用メカニズム

うつ病はセロトニンやアドレナリン、ドパミンといった、脳内の神経伝達物質が不足することでおこります。神経伝達物質とは、脳の中で神経と神経の情報伝達に使われる物質です。

セロトニンやノルアドレナリン、ドパミンが情報伝達に使用されると、神経に再び回収されます。これを神経伝達物質の再取り込みと呼びます。セント・ジョーンズ・ワートは再取り込みを阻害することで、情報伝達に使用できるセロトニンやアドレナリン、ドパミンの量を増やします。

また、セント・ジョーンズ・ワートはセロトニンやノルアドレナリン、ドパミンが分解するのを妨げます。その結果、脳内でのセロトニンやアドレナリン、ドパミンの量を増やし、うつ病の症状を改善するのです。

具体的には、セント・ジョーンズ・ワートの成分であるピペリシンやピペルフォリン、フラボノイド類、タンニン類が関わっていると考えられています。ここで、ピペリシンがセロトニンやアドレナリン、ドパミンの分解を妨げることが分かっています。

また、ピペルフォリンがセロトニンやアドレナリン、ドパミンの再取り込みを阻害することも報告されています。他にもフラボノイドやタンニン類が活性酸素を除去します。その結果、、活性酸素による体の障害から守ってくれます。

このようにセント・ジョーンズ・ワートに含まれる複数の成分が相乗効果を起こすことで、うつ病の症状を改善すると考えられています。

セント・ジョーンズ・ワートの飲み方

臨床試験では1日あたり500~900mgを摂取しています。また、最大で1800mgまで増量可能と考えられています。サプリメントや健康食品で摂取する際には、ピペリシンやヒペルフォリンという成分に注意して選んで下さい。

臨床試験ではピペリシンやヒペルフォリンの量を元に標準化したセント・ジョーンズ・ワートを使用して試験を行っています。具体的にはピペリシンを0.3%またはヒペルフォリンを2~5%含むように調整されています。

もし、サプリメントを選ぶ際にこれらの数値と比べて大幅にずれがある商品の場合では、期待される効果を得られない可能性があります。また、セント・ジョーンズ・ワートには即効性がありません。少なくとも2~3週間は摂取して効果が出るか判断して下さい。

セント・ジョーンズ・ワートの副作用

抗うつ薬とセント・ジョーンズ・ワートを比較した臨床試験の結果から、セント・ジョーンズ・ワートの方で副作用(期待しない効果)が少ないことが分かっています。例えば胃腸障害、吐き気、睡眠障害、発疹、痒み、発赤、眠気、疲労感などの副作用が軽減されています。

また、日光過敏症と呼ばれる副作用が起こることもあります。日光過敏症では太陽の光に過敏になり、日光を浴びると発疹や発赤などの皮膚症状が出ます。もし、これらの副作用が起きたときは摂取量を減らすか、服用をやめる必要があります。

摂取する際の注意点

セント・ジョーンズ・ワートを1日に1,800mgを超えては摂取しないようにしましょう。もし摂取した場合、日光過敏症などの副作用が起きる可能性が高くなります。

また、妊娠中や授乳中は危険性があるので、服用しないようにして下さい。例えば、授乳中だと乳児が腹痛、うとうとするなどの症状がでる可能性があります。

飲み合わせに注意する医薬品

セント・ジョーンズ・ワートを飲む際に注意すべき医薬品はたくさんあります。例えば、経口避妊薬(ピル)や抗HIV薬、免疫抑制剤や抗不整脈薬、気管支拡張薬、血液凝固防止薬の作用を弱くする可能性があります。

また抗癌剤の効果に影響を与えることがあります。さらに、抗うつ薬と一緒に飲むと、抗うつ薬の効果を強めることで副作用が起きやすくなると言われています。

このように、セント・ジョーンズ・ワートを摂取するときは注意するべき点があります。しかし、セント・ジョーンズ・ワートが軽度から中等度のうつ病に対して、抗うつ薬と同等の効果があり、副作用が少ないことも事実です。上手な使い方をするためにもセント・ジョーンズ・ワートを飲む前に、医師や薬剤師に相談することが重要です。