四環系抗うつ薬の効果と副作用:うつ病の治療薬

541b859fcbd21266148f4d559ede9113_s

うつ病は、自殺の引き金になることもある命に関わる病気です。うつ病になると、脳の中にあるセロトニンやノルアドレナリンの機能が低下します。セロトニンやノルアドレナリンは、意欲を高めたり、心のバランスを整えたり する働きをします。

うつ病の治療薬は、セロトニンやノルアドレナリンの機能を高めることで症状を改善します。具体的には、イライラ、焦りなどの感情を落ち着かせます。他にも、頭痛や倦怠感、他人に対する興味 、集中力、意欲、悲観的な考え方などを改善する働きがあります。

四環系抗うつ薬の特徴

四環系抗うつ薬は、4つの環状構造で構成されているために、四環系抗うつ薬と呼ばれます。3つの環状構造で出来ている三環系抗うつ薬を改良した薬です。

四環系抗うつ薬の一つに、ルジオミール(一般名:マプロチリン)があります。ルジオミールはセロトニンとノルアドレナリン両方の機能を高めます。特に、ノルアドレナリンに対する作用が強く、セロトニンに対する作用は少し弱いのが特徴です。

他にも、テトラミド(一般名:ミアンセリン)テシプール(一般名:セチプチリン)という四環系抗うつ薬も使われています。これらの薬は、ノルアドレナリンの機能を高めることで、うつ病の症状を改善します。セロトニンに対しては作用しないことが特徴です。

うつ病患者さんの脳 内のセロトニン、ノルアドレナリンの不足状態は人それぞれです。四環系抗うつ薬の効果と自分のセロトニンやノルアドレナリンの不足状態が合致すれば、うつ症状を劇的に改善する可能性があります。

三環系抗うつ薬からの改善点

三環系抗うつ薬は効果が現れるまでに、2~4週間かかります。その間に集中力や思考力の低下が見られることもあるので、薬を飲み続けることが嫌になる患者さんもいます。一方で、四環系抗うつ薬は三環系抗うつ薬に比べて効果が出るまでの期間が短いのが特徴です。

だいたい4日前後で効果が現れると言われています。つまり、比較的早く効果を実感できる可能性があります。

また、三環系抗うつ薬と比較して、副作用が少ないのも特徴の一つです。三環系抗うつ薬はおしっこが出にくい、便秘、口が渇く、眼圧が上がるなどの副作用が起きる頻度が高いです。

しかし、四環系抗うつ薬はこれらの副作用が比較的少ないです。さらに、頻脈や起立性低血圧などの心臓に関する副作用が比較的少ないのも、三環系抗うつ薬から改良された点です。

四環系抗うつ薬の副作用

改良された薬とはいえ、全く副作用が出ないわけではありません。悪性症候群という重大な副作用を引き起こす可能性があります。これは、三環系抗うつ薬でも起きる副作用です。

ほとんどの場合、薬の飲み始めや飲む量を変更したとき、薬の中止時の1週間以内に起きます。初期症状は発熱・発汗、身体の震え、血圧の激しい変動であるため、これらの症状に注意する必要があります。

また、眠気もよく発生する副作用です。そのため、四環系抗うつ薬は寝る前に飲むことが多い薬です。

うつ病の治療薬はたくさんあります。効果が出るまでに長い期間がかかる薬も多くあります。その間、効果を実感できなかったり、悪くなっていると感じたりする場合もあります。

しかし、本当は自分にあった薬であるにも関わらず、途中でやめてしまうのは大変もったいないことです。もちろん、どんなときでも薬を飲み続けるべきだと言っているわけではありません。効果が無い、あるいは副作用が強い場合にはやめることも重要な決断です。

大事なことは、薬の効果が出るまでの期間や発生する可能性のある副作用などの特徴を自分で理解して、薬を飲むことです。そうすることで、本当に自分にあった薬を見つけることができるのです。なぜなら、自分のうつ病の症状を一番理解しているのは患者さん自身であり、起きる副作用は検査で見つかるものよりも自分で感じるものが多いからです。

薬の特徴を理解した上で、薬を飲み始めてから、自分に起きた症状を薬剤師、医師に相談にして下さい。そうすることで、適切な薬による治療を行うことができるようになります。