牛乳は「体に悪い」とされる根拠

804b0f7ddef46f0d975ef9ab0a794fcb_s

牛乳の体に対する影響については、さまざまなことがいわれています。これは、どのような情報に対してもいえることですが、情報のほとんどで善悪両方の見解があります。どのような情報でも、その二面性を知ったうえで、あなたが判断すれば良いことです。

一番問題なのは、それが「なぜ良い(または悪い)と言われているのか」を考えず「本に書いてあった」「テレビで言っていた」などの理由だけで、情報を解釈することです。

また、さらに問題なのは、その知った情報を人に押し付けることです。今回は牛乳に関して、体に悪いとされている理由を述べます。

日本人は牛乳を消化できない

牛乳には乳糖と呼ばれる糖分が含まれます。基本的に食べ物に含まれる成分は、体の中で分解されて吸収されます。これは、乳糖も同様です。

一般的には、酵素の働きによって多くの成分が分解されます。しかし、日本人の約75%はこの乳糖を分解する酵素「ラクターゼ」が欠乏しているとされています。赤ちゃんのときはラクターゼがあるのですが、成人になると多くの日本人は欠乏しています。

これは、乳糖を分解する能力が低いということです。つまり、乳糖を多く含む牛乳を飲むと、消化不良を起こす可能性が高いということです。これが、牛乳が体に良くないとされる理由の一つです。ちなみに、欧米人のほとんどはラクターゼが欠乏していないため、消化不良になることはありません。

牛乳は逆にカルシウムを排泄する

一般的には、牛乳はカルシウムの摂取に良いといわれています。ただ、牛乳はカルシウムを排泄するともいわれています。これには2つの説明があります。

1つ目は、カルシウムの血中濃度の調整を行う「カルシトリオール」といわれるビタミンの影響です。このビタミンは、腸からのカルシウム吸収や骨からのカルシウム放出を促し、血中カルシウム濃度を上げます。また、腎臓からのカルシウム排泄を促し、血中カルシウム濃度を下げます。

血中のカルシウム濃度は厳格にコントロールされており、ほとんど変動がありません。そのコントロールの役割を担っているのが、カルシトリオールです。

長期にわたるカルシウムの過剰摂取は、カルシトリオールの働きを弱めるとされます。つまり、カルシウムを多く含む牛乳の長期にわたる過剰摂取は、カルシウムの血中コントロールを崩す原因になるということです。

そして2つ目は、マグネシウムやリンとのバランスです。牛乳にはカルシウムが多く含まれています。しかし、マグネシウムやリンはあまり含まれていません。カルシウム、マグネシウム、リンのバランスが崩れると、カルシウムの吸収は阻害されます。それだけでなく、逆に骨から血中へのカルシウム放出を促すとされています。

つまり、牛乳はミネラル分のバランスが悪いため、カルシウムの吸収が悪い上に、逆にカルシウムを排泄してしまう可能性があるということです。また、牛乳には他にも問題があります。

牛乳には抗生物質、ホルモンなどが含まれている

乳牛を病気することなく、大きく成長させるためには、抗生物質やさまざまなホルモンを大量に投与する必要があるといわれています。

その抗生物質やホルモンが牛乳内に入ると、体に悪影響を及ぼします。

牛乳にはアレルギー原因物質が入っている

牛乳にはカゼインといわれるタンパク質が入っています。このタンパク質はアレルギーの原因になることが多いとされています。これも、牛乳が悪いといわれる原因の一つです。

以上が、牛乳が悪いとされる代表的な理由です。これだけ見ると、牛乳は体に悪いように感じます。ただ、冒頭に述べたように、この情報は一面から見ただけの情報であり、これだけで判断するのはよくありません。

牛乳には、体に良いとされる情報もたくさんあります。その情報も含めて、あなた自身が判断することが大切です。