生きるために必要な自律神経系の重要性と病気の関係

9f92c8971fc69956922d8ced4ae857eb_s

人の体にはさまざまな機能があります。その中でも優先順位があり、その優先順位を間違うことにより、多くの病気を引き起こします。体の痛みはその代表的なものです。

痛みは、病気になる前に「これ以上無理をすると体が壊れる」という体からのサインです。この重要なサインを見逃すと、大きな病気になります。今回は、人の体にとっての「優先順位」について説明します。

自律神経系は生きるために必要な神経系

自律神経系は人が生きるために、最低限必要な体の機能に関係します。心臓の拍動、呼吸、内臓の働きなど、これらを無意識に調整しています。自律神経系が働くおかげで、寝ている間も心臓は動き、意識しなくても食べ物は消化されます。

もし、自律神経系が働かなくなった場合、どうなるか想像できるでしょうか。寝ている間は意識して心臓を動かし、食べているときも「消化液の分泌をしなければ」などと意識しなければなりません。

もちろん、このような状態では生きていけないため、生きている間は自律神経系がなくなることはありません。しかし、なくならないにしても、自律神経系の機能が低下してしまうことは多々あります。この自律神経系の機能低下が多くの病気を引き起こしているのです。

脳と自律神経系の違い

体は、何よりも「生命機能維持」を優先します。つまり、自律神経系の働きを優先するということです。自律神経系は、体に無意識にサインを出します。栄養が足りなくなると「空腹感」を誘発し、疲れが溜まると「疲労感、眠気」を出します。

この自律神経系のサインに従い行動すれば、自律神経系が乱れることはありません。また、生体のリズムも自律神経系が関係しています。夜になると眠気を生じ、朝になると目覚めるという体に備わったリズムに従うことも、自律神経系が乱れないようにするために大切です。

しかし、現代社会では、この自律神経系が乱れるような生活を送っている人が大半です。「疲労感、眠気が生じても栄養ドリンクを飲み、眠気をごまかす」「夜になってもパソコンを開き作業し、朝方に寝る」など、自律神経系のサイン、生体リズムを無視した生活が普通になっています。

このような行動は、自律神経系に従った行動ではなく「脳に従った行動」になります。人の意識は脳で作られます。「食べたい」「飲みたい」「寝たい」などの欲求も脳で作られます。この欲求は自律神経系と関係し作られるものと、脳のみで作られるものがあります。

例えば、お腹が空いて「食べたい」という欲求は、生命維持のために自律神経系と協調し作られます。一方、眠たいが「仕事をしたい」、疲れているが「遊びたい」などの欲求は、「眠たい」「疲れている」という自律神経系からのサインを打ち消すような、脳から作られた欲求になります。

この自律神経系からのサインを無視し、脳から作られた欲求に従った行動をとると、自律神経系が乱れます。そして病気になるということです。

以上のことをまとめます

・体は生命維持機能を優先する

・生命維持機能は自律神経系により調整される

・自律神経系は「自律神経系のサインを無視した生活」「生体リズムから外れた生活」で乱れる

・自律神経系からの欲求を無視し、脳からの欲求に従った生活を行うと病気になる

「生活するために残業しなければならない」などと考えている人は多いと思います。しかし、もう一度考えてみてください。病気になっては仕事どころか生活にも支障がでてしまいます。

現代社会では、多くの人が「生活のために頑張った結果が、生活を壊す原因になっている」可能性があるということです。この事実を認識したうえで、自律神経が乱れない生活を考えなければいけません。