筋肉の作りからストレッチのメカニズムを理解する

ae01b0a7b6e8fb1bc399e8ff70c1c6b2_s

ストレッチが筋肉を柔らかくし、健康やスポーツ能力の向上に役立つことは一般的に知られていることです。しかし、なぜストレッチで筋肉が柔らかくなるのかを説明できる人は少ないのではないでしょうか。

今回は、筋肉の作りからストレッチのメカニズムを説明します。

筋肉には「伸ばされたこと」を感じる構造がある

筋肉には過剰に伸ばされすぎて切れないように、今の伸ばされ具合を監視している受容器という構造があります。この監視を行うものは、筋肉自体と筋肉の端っこについている腱(けん)の2つにあります。

筋肉は骨から骨につきますが、筋肉が直接骨につくわけではなく、腱とよばれるまた別の組織を介してつながります。つまり「骨 → 腱 → 筋肉 → 腱 → 骨」というようになっています。

そして、筋肉内には素早い伸張(伸び縮み)に反応する受容器があります。これは、急に伸ばされたときに反応する受容器です。急に筋肉が伸ばされるとこの受容器が反応し、筋肉を動かす司令塔である脊髄にその情報が伝わります。

筋肉が伸ばされると、脊髄はその情報をもとに「筋肉を収縮させるような指令」を神経を介して筋肉に送ります。つまり、伸ばされた筋肉は、これ以上伸ばされないように収縮するということです。

このようにして筋肉は切れないようになっています。また、ストレッチのメカニズムには2つの機序があり、そのうちの一つがこの筋肉内の受容器に関係します。

ストレッチのメカニズム

ストレッチのメカニズムの一つに先ほど述べた、筋肉内の受容器が関係します。筋肉内にある受容器は、伸ばされるということに反応し、筋肉を収縮させます。しかし、ゆっくりした伸張には反応しないという特性があり、ゆっくり伸ばすとこの受容器自体の反応時間が長くなります。

このように反応時間が長くなるということは、筋肉を伸ばすという刺激に対して反応しにくくなるということです。これは、ゴムが伸びきってしまうと弾性がなくなるのと同じです。つまり、筋肉の収縮が弱くなり、軟らかくなりやすくなることを意味します。このような「筋肉内の受容器の構造的変化による筋肉の弛緩」がストレッチのメカニズムの一つとされています。

2つ目のメカニズムは、腱の中にある受容器が関係します。腱の中には、筋肉内と同じように「伸ばされたことを感知する受容器」があります。

この受容器の特性は筋肉内の受容器とは対照的に、ゆっくりした伸張に反応します。そして、そのゆっくりした伸張刺激によって、その情報が脊髄に伝えられます。脊髄ではこの情報をもとに、その部分の腱が付着している筋肉を弛緩させるような指令をだします。

このような反射(脊髄からの指令)によって、伸ばされた筋肉が弛緩するのです。

以上のような筋肉の特徴から、ストレッチの効果が起こります。このことからわかることは、筋肉を柔らかくするためには、急な伸張ではなくゆっくりした伸張を行うことが大切だということです。ちなみに、腱にある受容器は約20~30秒伸ばされると反応するといわれています。そのため、ストレッチは20秒以上かけてゆっくり行う必要があります。