野菜の食物繊維による毒出し効果(デトックス)

yasai1

「野菜を食べましょう」というフレーズは、テレビや雑誌などでよく耳にする言葉です。また、例えば糖尿病で通院されている方であれば、野菜を食べることの効能について病院の先生や栄養士からよく言われます。野菜が体に良いことは誰でも知っています。中には、正直野菜が嫌いだけど健康のために仕方なく食べている方もいらっしゃるでしょう。

ただ、どうせ食べるなら美味しく食べたほうが体にはより良いです。何より嫌いと思っているものを無理やり食べたところで長続きしません。健康にとって、何事も続かなければ意味がありません。

「美味しく」食べるのと「しぶしぶ」食べるのとでは、たとえ同じ食べ物であってもその効果は変わってきます。野菜を美味しく食べられない理由の一つに、食べる意味が分かっておらず、ただ人から言われるがまま仕方なく食べているということが挙げられます。

これは非常にもったいないことです。野菜を食べる理由を知れば、むしろ積極的に野菜を食べたくなるようになります。

野菜を食べる意味

まず野菜と聞いて真っ先に思いつくのは「食物繊維」ではないでしょうか。植物に含まれている食物繊維とは、ヒトの消化器で消化できない多糖類(糖がいくつも連なった状態のもの)のことをいいます。基本的に食物繊維は胃や腸で消化・吸収されることがなく、主な働きは内臓のゴミ掃除をする役割があります。

詳しく言えば、食物繊維は「水溶性」と「不溶性」に大きく分けることができ、野菜が不溶性、海藻類が水溶性の食物繊維を多く含みます。例えるなら不溶性食物繊維が「ほうき」で、水溶性食物繊維が「ぞうきん」の役割だと思えば分かりやすいでしょう。

この両者をバランス良く摂取することで、便のかさ(容積)が増し、しっかりとした便がスムーズに出るようになります。特に大腸の働きに大きく関与しているのが食物繊維です。

近年、死亡原因として大腸ガンがあります。この原因の一つが食物繊維の不足であり、野菜や海藻の摂取不足が関係しているといわれています。

その他にも、野菜に含まれる成分が重要になります。

最近ではポリフェノールなどに代表される「ファイトケミカル」が話題になっています。これは植物特有の化学物質の総称で、特に抗酸化力や抗菌力などに優れた成分です。

植物は動物と違い、外敵からの脅威に対し「逃げる」などの防衛行動ができません。そこで自分の身を守るために手に入れた成分が「ファイトケミカル」です。

夏の強い紫外線に耐え抜く力や、虫に根こそぎ食べられないように臭いや毒素でこれを忌避する能力があります。

さらにはたとえ傷ついても動物とは比べ物にならないほど強力な治癒力での再生も、この成分が深く関与していると考えられています。

野菜を食べることでファイトケミカルの効果とビタミン・ミネラルとの相乗効果により、抗酸化力や免疫力の向上が期待でき、生活習慣病予防やアンチエイジングに活用することができます。

生活習慣病に対しての効果

上記以外にも有益な成分をたくさん含む野菜ですが、病気の観点からも野菜の重要性に触れておきます。

現代人は病態の大小はあれ、ほとんどの方が何らかの生活習慣病に冒されています。特に死亡原因として挙げられるのが、ガン、心臓病、肺炎、脳卒中などです。

これらの生活習慣病の原因はさまざまですが、その原因には根本的な共通点があります。それは「血液が汚れ内臓の働きが弱まり、体に溜まった毒素や老廃物を排泄できなくなったから」という点です。要は、デトックス(毒出し効果)を有しています。

心臓病や脳卒中は動脈硬化が原因ですが、これは排泄できなかった老廃物が血管に詰まって起こります。ガンも細胞に溜まった老廃物や活性酸素でDNAが傷つき、細胞分裂の際にコピーミスを起こして発生します。さらに汚れた血液は免疫力を狂わせ、アレルギーや自己免疫疾患、ガン、肺炎などを引き起こします。

「何か栄養素が足りなくて病気になっている」と思い、手当たり次第にさまざまな薬や健康商品を求める人がいます。ただ、病気を治すためにはまず、体のゴミ掃除をするのが先である場合が多いのです。いくら体に良いといわれる成分を体内に取り入れようとしても、体がゴミで溢れていては吸収すらできません。

これは水槽の掃除を思い浮かべてもらうと分かると思います。汚れた水槽をきれいにしようと思ったら、まず汚れた水を捨てなければなりません。そのあとできれいな水を入れれば、水槽はきれいになります。

ところが汚れた状態でいきなりきれいな水を入れても水槽はきれいにはなりません。きれいになるどころか汚れた水が溢れ、もっとひどい状態になることもあるのです。

この毒出しに対して、非常に効果が高いのが野菜や海藻です。食物繊維などの毒出しの効果は野菜にしかない力であり、他の食材にはありません。野菜は生活習慣予防にも絶大な効果を持っているのです。

「野菜が体のゴミ掃除(デトックス)をしてくれているんだ!」というイメージをしながら食べれば、続けることも難しくありません。何より、何も考えず無理やり食べるよりもはるかに効果があります。野菜は私たちに何物にも代え難い素晴らしい力を与えてくれます。こうした認識をもって、ありがたく野菜を食べましょう。