不眠症・睡眠障害

睡眠と生活リズム

li ヒトが眠くなる理由と良い睡眠のヒント

li 仕事後のジム通いは良い睡眠を妨げる

li 深夜0時以前に寝ると、睡眠の質が向上する

li 適切な睡眠など、横になり重力の影響を取り除くと健康になる

li 生体リズムに合った睡眠が自律神経の悪化を抑制する

li 不眠解消には寝る時間より起きる時間を一定にすることが大切

睡眠の注意点

li 温度と湿度に注意すると睡眠障害は解消する

li 照明と騒音による睡眠環境を調整すると不眠は解消する

li 「気合で起きろ」によって目覚めが良くなる科学的根拠

li 身体のリズムを知り、起床に効率的なアラーム設定を行う方法

li 脳の役割から考える睡眠の重要性

li 眠気を覚ますコーヒー摂取の正しい方法と覚醒作用

成長と睡眠の関係

li 子供は睡眠時間が短くなるとキレやすく(怒りやすく)なる

li 睡眠は勉強だけでなく、運動能力の向上にも必須

li 歯ぎしりは睡眠障害のみでなく、家族にも影響を及ぼす

日常生活での睡眠

li 人の体に体内時計(生体リズム)が備わっている理由

li 睡眠障害は、日本に年間3兆円を超える経済損失を与える

li 昼寝は午後からの作業効率を向上させる

li 時差ボケの原因は体内時計の調整障害にある

li 夜勤勤務による睡眠障害は、シフトの調整によって修正できる

li カフェイン、アルコールは良好な睡眠を妨げる

li 魚介類や緑茶が良好な睡眠へと導く:グリシン、テアニンの作用

睡眠障害の種類

li 睡眠障害の分類:不眠症の種類

li 概日リズム睡眠障害の原因と症状:夜更かしや加齢による不眠

li 急に眠りに陥るナルコプレシーの原因と症状

li 睡眠時無呼吸症候群の原因と症状

li 足がムズムズして眠れない病気:レストレスレッグ症候群

認知行動療法

li ネガティブな感情を引き起こす認知行動療法の理論・原理

li 認知行動療法で重要な「認知の歪み」とは何か

li 偏った考え方を修正し、不眠を解消する「認知行動療法」の概念

li 低い自己評価を改善して自分の価値観を確立する認知行動療法

薬を使わない睡眠障害の治療法

li 意識改革で睡眠障害(不眠症)を改善する「自律訓練法」とは

li 睡眠時間を減らして、不眠を解消する「時間制限療法」

li 体の条件反射を用いて不眠を改善する「刺激コントロール法」

li 明るい光で睡眠障害やうつ病を改善する「高照度光療法」