コラーゲンで肌の弾力が回復する効果はあるのか

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

タンパク質の一種としてコラーゲンが知られており、健康食品・サプリメントでは主要な製品であるといえます。フカヒレや牛スジなどにコラーゲンが多く含まれており、コラーゲン鍋など「コラーゲンを多く含んでいること」を売り出している食品も存在します。

それでは、これらコラーゲンを口から摂取すれば「肌の弾力性が改善する」などの効果はあるのでしょうか。結論からいうと、残念ながらコラーゲンのサプリメントをいくら服用しても無意味です。

コラーゲンの役割を知る

あらゆる成分の中でも、コラーゲンは主要なタンパク質の一種です。私たちの体を構成するタンパク質のうち、約3分の1を占めています。

また、肌の弾力性を保つためにコラーゲンは重要です。骨や軟骨にも存在しており、皮膚だけでなく関節の機能を保つことにも寄与しています。ここまでは事実であり、誰もが納得できます。

そこでサプリメント会社は「年齢と共にコラーゲンが減ってしまうので、飲んで補いましょう」という理論を展開します。ここに論理の飛躍があり、残念ながらコラーゲンを口から摂取しても意味はありません。

タンパク質はアミノ酸がいくつも連なった構造をしています。タンパク質のまま吸収されることはなく、消化液などによって一つ一つのアミノ酸にまで分解されることでようやく栄養素として活用できるようになります。コラーゲンを飲んだからといって、腸からコラーゲンが吸収されるわけではないのです。

コラーゲンがアミノ酸にまで分解され、腸から吸収された後、都合よくアミノ酸の成分が皮膚や軟骨などに集まって再びコラーゲンへと再生されるとは考えにくいのです。

そもそも、タンパク質を摂取するのであれば「肉」や「魚」を食べれば問題ありません。高価なサプリメントよりも、安価な肉や魚の方がより健康的でバランスよくタンパク質を摂ることができます。

低分子コラーゲンに意味はあるのか

そこで健康食品会社は「低分子化したコラーゲンを開発した」と宣伝することがあります。ただ、低分子でも高分子でも関係ありません。胃の中に入って消化されると、たとえ低分子コラーゲンであっても一つ一つのアミノ酸にまで分解されてしまいます。

そのため、やはり肉や魚由来のタンパク質を食べたときと効果は同じです。それどころか、前述の通り肉や魚の方が良質なタンパク質を摂取できます。

低分子化した方が体内に吸収されやすいことは事実であるものの、コラーゲンとして吸収されるのではなく、あくまでも単なるアミノ酸として吸収されるに過ぎません。たとえ低分子コラーゲンにしても意味がないのです。

同じように、コラーゲンを多く含む食品を用いたコラーゲン鍋を食べたとしても、肌や関節の状態が改善することはありません。もしあったとしても、それは単なる思い込みです。

さらにいえば、肌の再生サイクルは一ヶ月程度です。そのため、コラーゲンを食べて翌日に肌の調子が良くなることはありません。

保湿目的のコラーゲンであれば意味がある

このように、コラーゲンを口から飲むこと自体は無意味です。ただ、化粧品として肌にコラーゲンを塗るのであれば意味があるのではと推測できます。

コラーゲンには保湿作用があります。つまり、水分を保持することで肌の状態を保つことができるのです。口から服用しても効果はないものの、肌に塗る場合は保湿効果を期待できます。化粧品にコラーゲンが配合されているのは、このような意味があります。

注意点としては、「化粧品のコラーゲンは保湿効果があるものの、皮膚に浸透してコラーゲン自体を補うものではない」ということです。あくまでも水分の保持作用がコラーゲンの性質です。

コラーゲンといっても、使い方によっては意味があったりなかったりします。コラーゲンのサプリメントは多いものの、少なくとも肌の弾力性を回復させることはありません。ただ、化粧品であれば、保湿作用としての意味はあるのではと考えることができます。