ドクターズサプリメントは効果が高く、安心できるのか

949f2fbba4e2985b74a28a960dbac606_s

サプリメントの中には、ドクターズサプリメントというものがあります。その名前から考えて、医療の専門家である医師が開発したサプリメントとして売り出しているのだと推測できます。

それでは、ドクターズサプリメントは効果が高くて安心できるのかというと、必ずしもそうではありません。ドクターズサプリメントであろうが単なるサプリメントであろうが、あまり違いはありません。

単なる見せ方に過ぎない

ドクターズサプリメントという言葉を使っているものの、実際は普通の一般企業や医療関係者が医師の名前だけを貸してもらって売っているケースがほとんどです。そのため、医師が開発したのかどうかまでは詳細に確認しなければ分かりません。

また、本当に医師が開発したサプリメントであったとしても、医者はサプリメントの専門家ではありません。あくまでも医療の専門家であり、「病気を治すこと」に詳しいのが医者です。

サプリメントなどの栄養学は「病気にならないように予防する」ことが大きな目的です。これは、病気の治療とは異なる分野なのです。

さらに、医者は外科、整形外科、呼吸器科、小児科などと細かい専門性があります。自分の専門分野であれば詳しいものの、少し分野がズレて他の病気になれば、薬の使い方を間違えることもしばしばあります。

医薬品であっても、慣れていなければ使用法を間違えることがあるほどです。ただ、これは人間である以上はある程度仕方のないことでもあります。

そのため、サプリメントなどの異分野になるとほぼ知識のない状態から勉強し直さなければいけません。そういう意味では、医師だからといって良いサプリメントを作れるかどうかは分からないのです。医師がサプリメントを開発するとなると、実際のところ栄養学に詳しい他の専門家と組まなければ難しいです。

サプリメント製造の工場を管理する必要性

医師がサプリメントを作るとなると、他にも問題が出てきます。それは、実際にサプリメントを製造するときの「品質」です。

どれだけ医師が栄養学について勉強し、素晴らしいサプリメントを作ったとしても、実際の生産は工場に委託しなければいけません。このとき、外注先の工場によっては設計通りに行われなかったり、工場側が勝手に作業を省いてコスト削減したりすることはよくあります。

設計する側だけがきちんとしていればいいのではなく、サプリメントを製造する工場側についても適切な外注先を選ばなければいけません。

ただ、医師でそうしたビジネス感覚の鋭い人は稀です。どれだけ良いサプリメントを提供しようと考えても、製造側の問題で品質が大きく低下することは頻繁に起こります。

もちろん、中には「栄養学を勉強した医師が設計し、患者さんにも試してみた」「医師の設計通りに工場で生産された」などの条件がそろったサプリメントも存在します。これであれば、値段は高くなるものの適切なドクターズサプリメントといえます。

しかしながら、そうしたドクターズサプリメントは世の中にほとんどありません。そのため、現状ではドクターズサプリメントと宣伝されていたとしても、あまり意味はないと考える方が適切です。

下手に「医師」というブランドを掲げたサプリメントよりも、「世の女性たちのためにアンチエイジング商品を!」「スポーツで一流レベルのパフォーマンスを出すために!」など、理念をもって開発されたサプリメントを利用する方が適切かもしれません。

サプリメントにおいて、医師というブランドはあまり役に立ちません。そうしたブランドや権威性ではなく、サプリメントの中身に着目して選ぶようにしてください。