酵素ドリンクの健康食品・サプリメントは効果があるのか

f64fb60e68da320c253be412c7eea3d4_s

世の中には多くの健康食品・サプリメントが出回っており、その中の一つとして酵素を配合させたドリンクがあります。こうした健康食品を見たとき、重要なのは「何かしらの効果を期待できるのかどうか」という点です。

結論からいうと、酵素を摂取してもあなたの健康に対して何も影響を与えません。サプリメントとして酵素を摂取したとしても、その多くは無意味であるといえます。

体の代謝と酵素

私たちの体にとって酵素の働きは重要です。酵素は全身の至るところに存在して活躍しています。例えば、肝臓には解毒作用があります。食物に毒素が含まれていたとしても、肝臓の働きによって代謝することができるのです。このときの代謝は酵素が行っています。

肝臓に限らず、酵素は消化管やすい臓など、あらゆる器官に存在します。糖や脂質の代謝、タンパク質の合成に至るまで酵素が関わっています。

こうした酵素が不足してしまうと、体に不調が訪れてしまいます。そのため、酵素機能を回復させて体調を取り戻そうという考え方は悪くはありません。

重要なのは、「酵素を口から摂取したとき、体内で働いてくれるのか」という点です。ここに問題があり、「酵素が不足しているので、飲んで酵素を補おう」という考え方には論理の飛躍があります。それでは、なぜ酵素ドリンクを飲んでも意味がないのでしょうか。

消化管で酵素は分解される

酵素というのは、タンパク質の塊であるといえます。皮膚や髪の毛、臓器などもタンパク質で構成されています。そういう意味では、牛肉はタンパク質の塊であるといえます。あらゆる臓器がタンパク質から作られていることから、タンパク質はその形によってさまざまな機能を発揮することが分かります。

口からタンパク質を摂取した場合、胃や小腸などの消化管から分泌される消化液によって細かく分解されます。牛肉の塊が分解されるのと同じように、タンパク質であれば例外なく消化されてアミノ酸になってしまいます。

前述の通り、酵素もタンパク質です。そのため、口から飲みこんだ後は消化液によって分解されます。タンパク質はどれも「アミノ酸がいくつも連なった物質」であるため、最終的には単なるアミノ酸になります。

つまり、酵素を飲んだとしても「酵素そのもの」が体内に入って働くことはできません。酵素としての機能は失われ、単なるアミノ酸という形で腸から吸収されます。栄養素としてのアミノ酸であれば、牛肉や魚を食べる方が価格や機能の面からも圧倒的に効果的であるといえます。

消化酵素であれば意味がある

体内で働く酵素を健康食品・サプリメントとして摂取しても無意味ですが、例外として効果を期待できるケースは存在します。それは、消化酵素を補う場合です。

消化酵素とは、唾液や胃液、膵液などに含まれる「食物を消化する酵素」を指します。先ほど、タンパク質は最終的にアミノ酸にまで分解されることを紹介しました。このとき、「タンパク質 → アミノ酸」の過程に関わる物質が消化酵素なのです。

消化酵素であれば、小腸から体内に吸収される必要はありません。口から摂取した後、すぐ下にある胃や腸の中で働くことで食物の消化を助けてくれればよいのです。

実際、医薬品にも消化酵素剤が存在します。胃酸の分泌機能が弱っている場合など、何かしらの原因で消化不良を起こしている方であれば、消化酵素を含んだ医薬品を投与して食物の消化吸収を助けようとするのです。

こうした目的で酵素を補うのであれば意味はあります。ただ、健康食品・サプリメントで販売されている酵素ドリンクの多くは、消化吸収を助ける目的でないことがほとんどです。

美容健康やダイエット目的で酵素を摂取しても、ほとんど意味がありません。体が健康になることもありません。サプリメントには意味のあるものと無意味なものが混在しています。消化吸収を手助けする消化酵素剤を除き、酵素ドリンクを服用するのは無意味であるといえます。