薄毛・脱毛原因のジヒドロテストステロン(DHT)とは

89b897950d08e8bb7605c867321de8dd_s

髪の毛が抜け落ちてしまう脱毛は精神的なダメージが大きいです。そのため、薄毛になることで頭頂部や生え際を気にするようになる方は多いです。そして、これら薄毛・脱毛の原因として男性ホルモンという重要な物質があげられます。

ホルモンとは、生体に対して「微量で何らかの作用を示す物質」のことを指します。例えば男性ホルモンであれば、性欲の増進や筋肉を大きくする作用が知られています。

こうしたホルモンの中でも、特に薄毛や脱毛の原因となるのが男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる物質です。育毛対策を行うとき、必ずジヒドロテストステロンの影響を考えなければいけません。ちなみに、ここでのホルモンは、焼き肉のホルモンとは別物です。

ジヒドロテストステロン(DHT)の作用

男性ホルモンとしては、テストステロンが有名です。テストステロンは約95%が精巣で作られ、残り約5%が副腎で生成されます。

脱毛では男性ホルモンによる影響が大きいと考えられていますが、テストステロン自体はほとんど薄毛に関与していないと考えられています。それよりも、テストステロンを原料にして生成されるジヒドロテストステロンが問題になります。

ジヒドロステロンはテストステロンに比べて、その作用は10~30倍強力だといわれています。ジヒドロテストステロンには頭皮における薄毛や体毛の増加(頭皮以外)などの作用が知られており、育毛対策においてジヒドロテストステロンの抑制が男性型脱毛症(AGA)の対策に繋がります。

これらジヒドロテストステロンは酵素によって産生されます。この酵素を5α-還元酵素(5α-レダクターゼ)といいます。5α-還元酵素が作用することで「テストステロン → ジヒドロテストステロン」へと変換されます。

そこで、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する薬としてプロペシア(一般名:フィナステリド)が知られています。プロペシアは5α-還元酵素を阻害するため、結果としてジヒドロテストステロンを抑えることができます。

usuge-a

食品成分の作用

プロペシア(一般名:フィナステリド)は医薬品ですが、食品成分にもジヒドロテストステロンを阻害する働きが報告されています。

例えば、薬草として古くから用いられてきたものとしてノコギリヤシがあります。漢方では泌尿器系疾患に対する治療薬として活用されてきました。まれに胃腸障害がみられるものの、基本的には安全であると考えられています。

試験管レベルの実験において、ノコギリヤシは5α-還元酵素を阻害する作用が知られています。医薬品であるプロペシア(一般名:フィナステリド)には劣るものの、ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を阻害する働きが確認されているのです。

他にも、アロエエキスに含まれる「アロイン」、大豆などの豆類に含まれる「イソフラボン」なども5α-還元酵素の阻害作用が知られています。

もちろん、こうした食品を食べれば良いというわけではなく、適切な頭皮ケアを施すことも薄毛・脱毛対策では重要です。

脱毛を引き起こすスイッチとして知られるジヒドロテストステロン(DHT)の働きを抑える対策を行い、頭皮の環境を整えることが育毛に繋がります。