頭皮のフケ・かゆみと脱毛(薄毛)の関係:乾性フケ、脂性フケ

04053849feff416b9dbdb442631e02f0_s

頭皮のフケやかゆみというのは、髪の毛の状態と密接にかかわっています。だれもが、「フケは不潔に見えるし、髪の毛や頭皮によくない」「薄毛を悪化させるものだ」と認識していることでしょう。

しかし、なぜフケやかゆみが薄毛に悪影響を及ぼしているのかについて、知らない人が多いのではないでしょうか。そこで今回は、フケと脱毛の関係性についてみていきましょう。

フケの正体

フケは、新陳代謝の過程で発生するものです。言い換えれば、古い角質層の残骸でもあります。これは体のサイクルによって生じるごく当たり前のものであるため、薄毛に悩む人にも悩まない人にも、必ずフケは存在します。

特に成長期のころなどは、どれほど髪の毛を洗っても新陳代謝が活発なため、フケがよくでます。つまり、フケそのもの自体は、決して「悪者」ではないのです。そのため、「フケが直接的に髪の毛を抜く」ことはありません。

フケが薄毛・脱毛を進行させる理由

しかしながらフケの量が非常に多かったり、皮脂の量が多すぎたりした場合は、問題が起こります。それは、このときのフケや皮脂が毛穴に詰まってしまうからです。

こうなると、頭皮は異常を察して炎症を起こします。そして炎症がおきた結果、髪の毛が抜け落ちることがあります。これによって、脱毛が進んでいくと考えられています。

また、フケがあると、頭がかゆくなることも多いです。このとき、爪をたてて頭皮をガリガリとかきむしってしまうことがあります。これは頭皮を痛める行為ですし、またかきむしっている間に髪の毛が抜け落ちてしまうこともあります。このようなことを考えれば、フケやかゆみがいかに薄毛に悪い影響を及ぼすのかがわかるのではないでしょうか。

フケの種類:乾性フケと脂性フケ

フケには2つの種類があります。それは、乾燥タイプのものと湿っているタイプのものです。前者は「乾性フケ」、後者は「脂性フケ」と呼ばれることもあります。これらはタイプがまったく違うため、それぞれに対処が必要です。

前者の場合は、頭皮が乾ききっており、水分が足りないことから発生するフケです。そのため、このフケが多い場合は、髪の毛を何回も洗うのは逆効果です。

洗髪は確かに頭皮ケアの基本ではありますが、髪の毛を洗うと、頭皮の皮脂も落ちてしまいます。皮脂は頭皮を守るために必要なものであり、これを根こそぎとってしまうと、乾燥タイプのフケに悩む人にとって大きなマイナス要素になってしまいます。そのため、洗髪は1日1回程度としましょう。

また、シャンプーは、強すぎる洗浄力を持つものよりも、優しい洗い上がりになるものを選ぶ方がよいでしょう。乾性フケの場合、強いシャンプーは脱毛を進行させる原因になってしまいます。

脂性フケであっても、刺激の弱いシャンプーを使うのが基本です。脂性フケの場合は、菌類の繁殖が関係しているため、殺菌効果(抗菌効果)のあるシャンプーを使う方が適切であるといえます。

また、脂性フケの場合は、「食事」との関係が強いことも示唆されています。皮脂の分泌量が多いと脂性フケが出やすくなるので、油っこい料理が好きな人は、自分の食生活を見直すことが大切です。

さらにお酒やスイーツもほどほどに抑えるようにして、ビタミンB群の摂取を積極的に行うようにします。これらは脂質の代謝と大きくかかわってくる栄養素であり、皮脂の過剰分泌を抑える効果があると言われています。

このように、生きていく上でフケは誰でも生じるものであり、あまり問題ないものの、その量や性質によっては薄毛を進行させてしまいます。そこで、シャンプーの種類を考え直したり、かゆみを生じたときに掻きむしらないように注意したりしなければいけません。脱毛抑制のためには、こうしたフケについて知ることも重要です。