プロペシア(フィナステリド)とミノキシジル併用による相乗効果

fd62be308b586cda6b4cb63a8ad826c9_s

男性、女性という性別に限らず、薄毛に悩む人は多いです。男性ホルモンの作用があるため、特に男性では脱毛症がたくさんの人でみられます。薄毛によって見た目の印象が変わるため、薄毛対策を行う人は多いです。

そのための方法として、薬を使用する方がいます。医薬品の作用によって、髪の毛が太く丈夫に生える環境を整えようとするのです。

育毛に関する薬としては、プロペシア(一般名:フィナステリド)ミノキシジルが有名です。それぞれ作用メカニズムが異なるため、2つを併用することで相乗的な効果を得ることができます。そのため、2剤を両方とも活用するのは薄毛専門のクリニックでもよくみかけます。

作用メカニズムから考える薬の作用

同じ病気に対する薬を2種類以上使うことはよくあります。例えば、糖尿病であれば「インスリン(血糖値を下げるホルモン)を分泌させる薬」「糖の吸収を遅らせる薬」「糖を尿から排泄させる薬」などさまざまです。作用メカニズムの異なる薬を活用することで、相乗的に症状を抑えようとするのです。

これは育毛の薬であっても同様です。プロペシア(一般名:フィナステリド)とミノキシジルを比べたとき、作用メカニズムが異なります。

プロペシア(一般名:フィナステリド)はヘアサイクルを改善させて、髪の毛が太く育つ環境に整える薬です。これには、男性ホルモンが深くかかわっています。

男性ホルモンの中でも、ヘアサイクルの異常によって脱毛を引き起こさせる成分としてジヒドロテストステロンが知られています。そこで、プロペシア(一般名:フィナステリド)はジヒドロテストステロンが作られないように働きかけます。これにより、それまで弱々しかった毛が太くたくましくなります。

一方、ミノキシジルは頭皮環境を改善させます。頭部のマッサージが薄毛対策になることから分かる通り、血流を改善させれば発毛を促すことができます。ミノキシジルは表皮細胞増殖効果や血流促進効果が知られており、これが育毛に繋がります。

薬を活用するときの注意点

プロペシア(一般名:フィナステリド)に発毛作用はありません。あくまでもヘアサイクルを改善させる効果です。一方、ミノキシジルは発毛促進を行うものの、ヘアサイクルを正して脱毛を抑制する働きはありません。

・プロペシア(一般名:フィナステリド)
「脱毛の抑制作用」はあるが、発毛を促すことはできない

・ミノキシジル
「発毛促進の作用」はあるが、ヘアサイクル改善による脱毛抑制を実現することはできない

こうした違いがあるため、作用メカニズムの異なる両者を組み合わせることで、相乗的に髪の毛を生やそうとするのです。これは多くの人が行っている手法の一つです。

もちろん、薬を使用しているからといって、それだけで満足してはいけません。適切な頭皮ケアを行い、育毛剤を活用するなどして、ようやく脱毛症を改善できるようになります。

なお、プロペシア(一般名:フィナステリド)とミノキシジルの併用は男性だけが行うようにしてください。両者の併用は男性型脱毛症(AGA)に効果的な手法であり、女性は行ってはいけません。女性に対して、プロペシア(一般名:フィナステリド)は無効だからです。

ミノキシジルであれば「頭部の血流改善作用」によって、女性であっても適切な効果を得ることができます。しかし、プロペシア(一般名:フィナステリド)が「男性ホルモンの作用を抑えるメカニズム」であることから分かる通り、女性に使用しても副作用が表れるだけで効果が薄いのです。

女性の場合は性差の関係で男性とは異なる脱毛であるといえます。こうした事実を認識した上で、正しい知識をもとに薄毛対策を行う必要があります。