1日の正常な抜け毛本数と異常な毛根による脱毛

7e607d4e72a259eb13cc7d19ec537c80_s

抜け毛や薄毛が気になり始めた人で、毎日抜け落ちる毛の本数をまったく気にしないという人はいません。洗面台に落ちる髪の毛や、シャンプーをしたときに排水溝に流れていく髪の毛などに目が行ってしまう人が大半だと思われます。

ただ、いたずらに不安がっていても仕方ありません。「どれくらいの本数ならば抜けても問題ないのか」「異常な抜け毛の状態とはどのようなものか」を知り、現状の把握に努めましょう。

健康な人であっても、髪の毛は必ず抜ける

どれだけ健康な人であっても、どんなに髪の毛に気を使いダメージを与えないように生活している人であっても、髪の毛は必ず抜けます。人間の体は新陳代謝を行っていますし、古い髪の毛やダメージを受けた髪の毛(寿命を迎えた髪の毛)が抜け落ちるのはごく自然なことなのです。

髪の毛というのは、皮膚が変化したようなものです。皮膚は古くなれば垢(あか)として落ちるのと同じように、脱毛は必ず起こります。このため、正常な本数であれば、実は抜け毛自体を気にする必要はありません。

それでは、「正常な抜け毛の本数」とはどれくらいなのでしょうか

人間の髪の毛は1日に50本~100本は抜ける

一般的に、正常な状態の人ならば、1日の抜け毛の本数は約55本(少し幅をもたせると50本~100本程度)だと言われています。つまり、この範囲に収まっていれば特に問題はないのです。

また、髪の毛は個人差がとても大きいです。1日にたくさん抜けているけれども、まったく薄毛の心配がないという人もいます。このため、一概に「◯本以上抜けていると異常だ」とはいいがたいです。

「さっとクシで髪の毛をすくと、20本程度の髪の毛がついてくる」という状況を嘆く人もいますが、そこまで重大に受け止める必要はないのです。また、自分の抜けた髪の毛の本数を正確に把握することは困難でしょう。

ただ、明らかに多い量の髪の毛が抜け、そして若いときに比べて髪の毛の量が少なくなっているのであれば、薄毛を心配する必要はあります。また、細い毛がたくさん抜ける状態も危険信号です。

知っておくべき抜け毛の状態

「本数」とともに気にしてほしいことがあります。それは、「抜け毛の状態」です。正常な抜け毛は、髪の毛の先(毛根)が「丸い綿棒の先」のような状態になっています。これは寿命を迎えて落ちた正常な髪の毛であるので、心配の必要がありません。

しかし、乾燥が原因となっているものの場合は、毛の先が糸のような状態であることがあります。また、皮脂の量が多すぎる場合などは、皮脂が毛の先にみられることもあります。

このような抜け毛というのは、髪の毛や頭皮に異常が起きているサインです。現在は抜け毛がそれほど多くないという状態であったとしても、今後頭皮や髪の毛のトラブルが起きる危険性がとても高く、それに見合ったケアが必要になります。

ただ、髪の毛の状態を調べるのは、シャンプー以外のときにしましょう。シャンプーをしてしまうと、頭皮の状態が変わってしまったり、髪の毛がいつもと違う状態になったりするからです。

抜け毛が一番生じやすいのは、シャンプーのときです。このときに、髪の毛は非常に多く抜けます。頭皮を清潔に保ち、薄毛対策として使うという意味で、シャンプーは大きなメリットです。ただ、「抜け落ちた髪の毛の状態」をはかる際には、これが邪魔になります。

そのため、髪の毛の現在の状況を把握する場合には、お風呂に入る前にブラッシングなどをして、そのときについてきた髪の毛を見るようにします。これであれば、髪の毛(毛根)の現状を把握しやすくなります。

また、ここで異常が見られたからといって、落ち込む必要はまったくありません。異常を発見できたということは、これからの対策がたてやすくなるということとイコールだからです。

まずは、正常な髪の毛や異常な髪の毛について知るようにしましょう。抜け毛の毛根状態が正常なのであれば、1日に抜け落ちる髪の毛をそこまで心配する必要はありません。しかしながら、明らかな異常がみられる場合は薄毛対策を施すようにしていく必要があります。