女性が男性型脱毛症(AGA)になる理由と原因

fde56f5dbbed1ae6a0ad10a7170a1d56_s

男性であれば、多くの人が薄毛に悩みます。それでは女性はどうかというと、実は女性も同様に薄毛や脱毛を気にしている人はたくさんいるのです。

もちろん、女性は男性に比べると髪の毛の量に悩んでいる人は少ないです。薄毛の原因として男性ホルモンが有名であるものの、当然ですが女性ホルモンの量は男性に比べてかなり多く、男性ホルモンは少ないという特徴があります。男性ホルモンの量は、男性と比べると、10パーセント程度しかありません。そのため、薄毛になりにくいのです。

しかしながら、女性であっても男性型脱毛症(AGA)になる可能性があります。それでは、なぜ女性であっても男性型脱毛症になるのかについて、より詳しく確認していきます。

女性による男性型脱毛症(AGA)と5α-還元酵素(5α-レダクターゼ)

薄毛を招く酵素として、5α-還元酵素(5α-レダクターゼ)が知られています。この酵素は男性ホルモンとして知られるテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)へと変換する働きがあります。薄毛の原因はテストステロンではなく、ジヒドロテストステロンであるといわれているため、5α-還元酵素が働くほど薄毛が進行していくようになります。

5α-還元酵素としては、Ⅰ型とⅡ型が知られています。この中でも、特に男性型脱毛症(AGA)の場合、Ⅱ型の5α-還元酵素が多く存在します。

Ⅰ型はほとんどの毛に存在し、Ⅱ型は髭や前頭~頭頂毛に関わる髪の毛の成長に関わる細胞(毛乳頭細胞)に分布しています。つまり、Ⅱ型5α-還元酵素によって毛乳頭細胞でジヒドロテストステロン(DHT)が作られ、薄毛・脱毛が進行していくのです。

これが男性型脱毛症(AGA)を生じるメカニズムです。このようなことを知ると、女性の男性型脱毛症の場合でも、Ⅱ型5α-還元酵素が多くなっているために起こるのだと考えてしまいがちです。

しかしこの理屈に関しては、「まだはっきりとはしていない」という前置きつきではありますが、否定されています。男性型脱毛症に悩む女性を調査しても、「5α-還元酵素が特段多いことはない」という研究結果が出ているのです。

また、女性に対して5α-還元酵素抑制する薬を投薬しても、女性の男性型脱毛症には効果がありません。プロペシア(一般名:フィナステリド)やザガーロ(一般名:デュタステリド)は5α-還元酵素抑制を阻害する薄毛治療薬として知られていますが、女性に対しても効果がないのです。

そのため、女性の男性型脱毛症については、単純に「5α-還元酵素が増えたことによって薄毛が進行している」とはいえません。

女性ホルモンとのバランスについて

このような研究結果を踏まえて、専門家の多くは、「女性ホルモンの減少によって、男性ホルモンの相対的な量が増えたために薄毛や脱毛が起こっている」と指摘しています。例えば「男性ホルモンの量が100、女性ホルモンの量が200」あったとして、女性ホルモンの量が100にまで下がったと考えるとわかりやすいでしょう。

男性ホルモンの絶対量は変わっていませんが、女性ホルモンとの「つりあい」が崩れることによって、男性ホルモンの影響が出やすくなるのです。この場合、男性ホルモンの量が増えたわけではありません。女性が5α-還元酵素を抑制する治療薬を使っても効果を得られないことには、このような理由があるのです。

女性ホルモンの量は、20代をピークに落ちていきます。特に40代以降では、更年期によってホルモン量が大きく下降します。これにより、40代にさしかかってから、薄毛に悩む人が増えていくと考えられます。

女性の薄毛と対策

男性の薄毛に多用される5α-還元酵素阻害薬は、女性に効果がないばかりか、使用は禁忌です。プロペシアやザガーロなど、錠剤に触れることさえ禁止されています。これは、妊婦が5α-還元酵素阻害薬の成分に触れると、胎児に大きな影響を与える危険性があるからです。

それでは、男性型の脱毛症に使われる薬が女性にとってまったく無力かというと、必ずしもそうではありません。例えば、血管を広げる効果を有する「ミノキシジル」は、頭皮の血流を改善することで女性の薄毛・育毛にも効果を示します。

リアップなどの商品名で知られているミノキシジルですが、一般的には頭皮に「塗る」という形で使われます。ただ、医療機関によっては錠剤(ミノキシジルタブレット)を活用し、経口摂取でとりいれることもあります。

ただ、このミノキシジルについては、「濃度」という注意点があります。女性の場合は、男性に比べると、男性型脱毛症の程度が軽度です。そのため、男性を対象として開発された薄毛対策商品を使ってはいけません。女性が男性用の商品を使ってしまうと、効き目が強すぎて、腕や足といった体毛にも影響が出てしまいます。

ミノキシジルを使った商品は市販されています。また、「女性ホルモンが減ったのが原因であるから、女性ホルモンを増やす薬を使おう」と考えられる場合もあります。

しかし女性の場合、「薄毛になった理由」が、はたして男性型脱毛症によるものなのか、栄養不足などによるものなのか、あるいはストレスからなのか見極めがつきません。そのため、一度は専門医に診察を受け、「原因」をはっきりさせておくことも有効です。