リアップとミノキシジルタブレットの効果と副作用

95170c4324771f3f91f9f6d825847d06_s

男性だけでなく、女性も薄毛や脱毛に悩まされる人は多いです。生え際や頭頂部が薄くなること自体は命に関わることではないものの、見た目による精神的ダメージが大きいのが薄毛であるといえます。

そこで、こうした脱毛症を治療するために使用される薬としてミノキシジルがあります。ミノキシジルはリアップという商品名で売られており、一般用医薬品としてドラッグストアなどで医師の診察なしに購入することができます。

また、ミノキシジルはリアップのように頭皮に塗るタイプだけでなく、専門の医療機関へ行けば錠剤タイプ(タブレット)をもらえることもあります。通称、ミノキシジルタブレットといわれますが、服用前に「どのような副作用があるのか」を知っておく必要があります。

リアップ(ミノキシジル)やミノキシジルタブレットの作用メカニズム

リアップでもミノキシジルタブレットでも、有効成分はミノキシジルです。もともと、ミノキシジルは高血圧の治療薬として販売されていました。

心臓は血液を送り出す臓器ですが、このときの血液は栄養や酸素を全身に供給するために必要不可欠です。そこで、血管に圧力をかけることで血液を全身の細い血管まで送り届けようとします。そのため、ある程度の血圧は重要です。

ただ、血圧が高すぎると血管へのストレスが大きくなります。心臓の血管が障害されると狭心症や心筋梗塞を発症し、脳血管が障害されると脳卒中などを起こすリスクが高まります。そこで、高血圧では治療が必要とされています。

高血圧を薬で治療する場合、「血管を拡張させる」という方法が取られます。血管が細くなっているため、薬によって広げることができれば血圧は下がります。

ミノキシジルは全身の血管に対して作用し、血管を拡張させます。そのために血圧を低下させることができますが、こうした作用が発毛促進に効果を示します。

薄毛・脱毛対策としては、頭部マッサージが有効であるといわれています。これは頭部の血行が悪くなっており、マッサージによって血液の流れを改善させることができるからです。そこで、頭部の血流を改善させることができれば、発毛を促せるようになります。

ミノキシジルを用いて、有効成分が頭部の血管に作用すると、血管を拡張することで血流を良くすることができます。これにより、薄毛や脱毛を緩和するのです。

リアップ:外用薬と内服薬の違い

有効成分が含まれた液体を塗るタイプの薬として、ミノキシジルの外用薬があります。商品名でいえば、リアップになります。前述の通り、リアップはドラッグストアなどで購入することができます。

また、日本では承認されていないので個人輸入や専門の医療機関からの入手になりますが、ミノキシジルには錠剤(ミノキシジルタブレット)も存在します。これは、口から服用する内服薬に分類されます。これら外用薬と内服薬の違いとしては、効果の高さと副作用の程度があります。

外用薬として使用する場合、皮膚に塗ります。皮膚から薬の成分が吸収されることで、ようやく薬の効果が表れるようになります。ただ、皮膚は化学物質や細菌などが入ってこないようにする役割があるため、皮膚から薬剤を吸収させるのは難しいです。

リアップ(ミノキシジル)は皮膚の表面にある「表皮」に作用します。その下にある皮膚の組織までは浸透することができません。ただ、これによる表皮細胞増殖効果や血流促進効果によって発毛作用を得ることができます。

外用薬として頭部だけに作用するため、使用しても血圧が下がるわけではありません。なお、副作用としては「かゆみ」などが知られているものの、全身的な副作用はほとんどありません。

ミノキシジルタブレット:外用薬と内服薬の違い

それに対して、ミノキシジルタブレットでは体内の血液にのって内側から頭部の血管を拡張させることができます。そのために大きな効果を得ることができますが、副作用が大きすぎるために薄毛専門の医療機関であっても取り扱わないケースがあります。

前述の通り、ある程度の血圧は体にとって必要です。そのため、ミノキシジルタブレットを服用して血圧が下がり過ぎると、ふらつきやめまい、頭痛、動悸、息切れを起こすことがあります。低血圧が起こることにより、心臓が血液を送り出そうと頑張ることによって生じる副作用です。

高血圧患者の場合であれば、既に高血圧の治療薬を服用しているケースが多いです。その場合、いま飲んでいる薬と飲み合わせが起こり、より重篤な副作用を生じる危険性が高まります。

また、多毛症も多い副作用の一つです。タブレットでは全身の血管に作用するため、頭部以外の毛が増えてしまいます。男性であればそこまで気になりませんが、女性では濃い毛が全身に生えてくるようになります。

さらには、性欲減退や勃起障害(ED)も報告されています。この副作用がなぜ表れるのかは作用メカニズムの観点から不明ですが、こうした副作用も表れます。

このような事実を考えると、長期にわたってミノキシジルタブレットを服用するのは健康面の観点からお勧めできません。もし服用するにしても、個人輸入ではなく適切な管理下のもとで活用しなければいけません。