紫外線による頭皮ダメージと薄毛・育毛対策

d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s

かつては「こんがり焼けた肌の人が美しい」と言われている時代がありました。しかし現在ではこのような考え方は衰退していっています。紫外線は肌に悪い影響を与えることが知られており、むしろ紫外線を避けることによる美白が求められています。

それだけでなく、紫外線は髪の毛にもダメージを与えます。そこで、特に薄毛に悩んでいて育毛を行っている方であれば、紫外線による頭皮への影響を考えなければいけません。そこで今回は、紫外線が髪の毛に与える作用について確認していきます。

紫外線は頭皮に老化をもたらす

紫外線を受けることにより、さまざまな悪影響が出てきます。肌に紫外線を受けた場合はシミやソバカスの原因になるのですが、これは細胞が傷つくことで老化現象が起こるからです。そして、頭皮も同様に紫外線によって老化していきます。

「老化すること」は、髪の毛を薄くさせる原因のうちの一つです。もちろん年を重ねた後でも、ふさふさの髪の毛を維持している人はいます。

それでも、「その人が若かったころ」に比べれば、その量の差はあきらかです。ましてや、薄毛で悩んでいる人ならば、その影響はより気にするべきです。

頭皮は髪の毛に守られている分、紫外線の影響は受けにくいといわれています。ただ、頭皮に日焼け止めを塗ることを考える人はいませんし、帽子や日傘を使う習慣のない人ならば、肌よりも多くの紫外線にさらされていると言えます。このように考えると、紫外線による頭皮の老化は進みやすいといえます。

髪の毛自体にも紫外線による悪い影響がある

紫外線を受けることにより、頭皮だけでなく、髪の毛そのものにもダメージを受けます。

髪の毛を構成しているのはアミノ酸ですが、そのなかの「シスチン(システィン)」という物質が紫外線によりばらばらに分解されるといわれています。水分を髪の毛のなかに封じ込めることが難しくなり、それによって髪の毛にぱさつきが起きることがあるのです。

あまりにも強い紫外線を浴び続けると、髪の毛が変色してしまうこともあります。このような「変色」は、ダメージによって起きます。そのため、当然のことながら美容院でやったようなきれいなカラーリングにはなりません。

もちろん、美容院でのカラーリングでも髪の毛はダメージを受けます。それでも、「できるだけ髪の毛に優しく」ということを考えて作られたカラーリング剤による染髪と、紫外線による変色では、そのダメージ量が大きく違います。

どのようにして紫外線を避ければいいのか

では、どのようにしてこの紫外線を避ければよいのでしょうか。一番簡単で効果的なのは、帽子や日傘を用いることです。これによって、紫外線のうちの70パーセント程度を遮ることができるといわれています。

もっとも紫外線は、「上から降り注ぐもの」だけでなく、地面から反射する紫外線を含めて完全に防げるわけではありません。

そして、帽子や日傘とあわせて使っていきたいのが、「日焼け止め」です。日焼け止めのなかには、髪の毛と肌の両方に使えるものがあります。

また、髪の毛用に開発された日焼け止めもあります。これらは一般的な日焼け止めとは違って、スプレータイプのものが多いので、扱いやすいです。1000円~2000円程度で販売されているので、屋外作業をする人や、通勤(通学)の距離が長く、紫外線を受けやすい環境下にある人は使ってみるとよいでしょう。

頭皮の日焼けは、肌の日焼けと比べると、なかなか「実感」としてとらえにくいものです。肌のように真っ黒になるわけではありませんし、痛みが起こることもそれほど多くはないからです。

ただ、これまで述べてきた通り、紫外線による頭皮への影響は大きく、細胞の老化に関わります。紫外線対策は、薄毛や美髪を考える上で非常に重要になってくるのです。この事実を認識したうえで、薄毛対策や育毛を行っている人は紫外線にも気を付けなければいけません。